« 『ブルー・ゴールド 狙われた水の真実』 | トップページ | 『天使の眼、野獣の街』 »

2010年6月29日 (火)

『魔法遣いに大切なこと』

今日は邦画をひとつご紹介♪原作は最初にアニメ化されて話題になったんやってね。まったく知らないんやけど....。

この作品の監督さんて、もとは日活のロマンポルノ出身らしいんやけど、90年代初めに発表した『櫻の園』や『12人の優しい日本人』といった作品が、なかなか良かったのを憶えてる。たまたまレンタル屋で手にしたら、そんな懐かしい名前が目にとまり、観てみたんやけどね?!

あと、主演の山下リオ!三井のリハウスガール出身で、この作品が映画初主演やったらしい。今年は出演作が立て続けに公開されてるし、若手の注目株なんかな?!

魔法遣いに大切なこと   ★★★☆☆   (2008年)

監督:中原 俊

出演:山下リオ、岡田将生、田中哲司、木野 花、緑有利恵、太賀、斉藤 歩、水橋研二、草村礼子、鶴見辰吾、余貴美子、永作博美

魔法遣いの血を持つ者は、国家公務員の“魔法士”になるために、16歳のときに研修を受けなければならない。そんな研修で、魔法士になることを夢みる北海道の女の子と、自分が魔法遣いの血を引くと知らずに育った青年が出会うのだが....ってな、ファンタジー&初恋ドラマ?!

研修を通して人と出会い、経験をして成長する若者、そして芽生える恋心、さらに家族の物語....って、てんこ盛りやねぇ!?まぁ、そもそもがファンタジーな内容なわけで、ツッコミどころは満載やったねぇ....(苦笑)

あまりにも普通な“魔法遣い”を見てると、逆に話しにムリがあるような気がして....?!そんな、ちょっと“ゆるさ”を感じつつも、それなりに楽しめてまうのは、主役のふたりの“素人”な演技が、かえって新鮮やからかなぁ??(笑)

美人というわけやないんやけど、ヒロイン役のリオくんの素朴さが、ちょっと爽やかな感じやったね。

話の筋としては、かなりベタ、演出もホドホドで、特に際立つものはないんやけど、全体的にボチボチな作品かなぁ.....って、よう分からんか?!(苦笑)

« 『ブルー・ゴールド 狙われた水の真実』 | トップページ | 『天使の眼、野獣の街』 »

映画」カテゴリの記事