« 『THE 4TH KIND フォース・カインド』 | トップページ | 『スティール・シティ』 »

2010年6月14日 (月)

『千年の祈り』

今日は、家族をテーマにした作品をふたつ、ご紹介♪

まずはミニ・シアター系の作品から、ちょっと地味な家族ドラマをね!家族と離れてひとりで暮らしてると、なんやエライ共感できてまう、そんな話やったなぁ....。

千年の祈り / A Thousand Year Of Good Prayers   ★★★☆☆   (2007年)

監督:ウェイン・ワン

出演:ヘンリー・オー、フェイ・ユー、ヴィダ・ガレマニ、パシャ・リチニコフ

アメリカで独りで暮らす娘を訪ねるため、北京からやってきた父親。娘のことが心配で、いろいろと口出しするが、父と娘の間には“大きな溝”が....ってな、一組の中国人親子の関係を描いた家族ドラマ?!

歴史の大きな“うねり”の中で、黙々と生きてきた父親の世代と、子供の頃は、そんな父親からの愛情を感じたことのない娘、過去のわだかまりから素直に向き合えない親子の微妙な関係が、淡々とした流れのなかで語られるんやねぇ。

不器用ながらも、必死に愛情を表現しようとする父親と、そんなお節介を疎ましく感じる娘、なんや、自分の親を見てるようで、よう分かるんよなぁ....(苦笑)

この手の感情の揺れを追うドラマは、一見すると退屈に思えて、好き嫌いが分かれてまうんやろうけど、父親役のヘンリーさんの、どこか憎めないキャラのせいか、なかなかエエ感じやったね。

離れていても、決して途切れることのない親子の絆、ちょっと実家に電話でもしようかなぁ....なんて思ってみたりして.....!?(笑)

« 『THE 4TH KIND フォース・カインド』 | トップページ | 『スティール・シティ』 »

映画」カテゴリの記事