« 『マラドーナ』 | トップページ | 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 »

2010年6月25日 (金)

『クヒオ大佐』

今日は邦画をふたつ、ご紹介♪

しかし、堺 雅人って役者は、よう分からんよなぁ。『ゴールデン・スランバー』や『ジェネラル・ルージュの凱旋』なんかでは、クセのあるエエ演技をしてるんやけど、そうかと言えば、コテコテのしょーもない演技をする時もあるし....(苦笑)

てなわけで、今回の主演作はいかに.....?!

クヒオ大佐   ★★★☆☆   (2009年)

監督:吉田大八

出演:堺 雅人、松雪泰子、満島ひかり、中村優子、新井浩文、安藤サクラ、内野聖陽、品川 徹

カメハメハ大王の末裔と名乗って、結婚詐欺を繰り返した実在の男をモチーフにした.....コメディ??

アメリカ軍のパイロットと偽って、相手に近づき、その気にさせて金を貢がせる男と、そんな彼に騙される女たちってか?!

妙に高い鼻でブイブイ言わせながら、主演の堺くんが微妙に訛った日本語で大活躍.....と行きたかったんやろうけど、どこをどう見ても胡散臭く、これで騙されるやつはおらんやろってツッコミを最初に入れてまうと、後はどう頑張ってもグタグタにしか思えんのよね(苦笑)

それでいて、そんな“なり切りぶり”が笑えるかっていうと、中途半端に真面目に話が展開するもんやから、まったく面白味がないんよなぁ。

見所といえば、松雪くんの“くたびれ具合”が妙にリアリティがあったことと、満島くんが頑張ってたことぐらいかな?!

せっかくの内野くんの出演も、ほとんど意味のないシーンに出てくる程度で、この監督さん、何がやりたかったのやら....?!

きっと堺くんのファンやないと、あまり楽しめない、そんな作品なんかもね。

« 『マラドーナ』 | トップページ | 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 »

映画」カテゴリの記事