« 『ニューオーリンズ・トライアル』 | トップページ | 『今度は愛妻家』 »

2010年7月22日 (木)

『ユージュアル・サスペクツ』

いやぁ、ごくたまに、このブログのカテゴリーにある“My お気に入り”を見てくれる人がいるんやけど、年間で新たに360作品以上を観てると、それを紹介するのに追われて、なかなかお気に入り作品を紹介する暇がないんよねぇ.....なんて言い訳してみたりして...(苦笑)

というわけで、W杯に乗っかったサッカー企画も終わったので、これからしばらくはお気に入り作品として、今更ながらのメジャー作品から、ちょっとマニアックなものまで、定期的に好きな作品を紹介してみようかなぁ、なんて思うんよね!?

てなわけで、まず一発目は、「好きなサスペンス映画は?」と聞かれたら、必ず真っ先に頭に浮かぶこの作品をご紹介♪

ユージュアル・サスペクツ / The Usual Suspects   ★★★★★   (1995年)

監督:ブライアン・シンガー

出演:スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、チャズ・パルミンテリ、ケヴィン・ポラック、ピート・ポスルスウェイト、ケヴィン・スペイシー、ベニチオ・デル・トロ、ジャンカルロ・エスポジート、スージー・エイミス

コカインの取引の舞台であった貨物船が爆発し、多くの犠牲者を出す事件が発生する。船を襲撃した一味であり、その現場にいながら、無傷で助かった、体の不自由な男に事件の真相を問いただすと、男は、ある運送車両の強奪事件の容疑者として集められた、彼を含めた5人が留置所で出会い、そこから事件が始まったと語り始めるのだが....ってなサスペンス?!

これほど有名な作品について、今更、何を語るってな気はするんやけど、この作品のすばらしさは、何と言ってもストーリーやろね!謎の男“カイザー・ソゼ”を中心に、見事なまでに展開する話、そして意表を突く結末......観終わったときに、思わず「やられてもうたぁ....」って唸らずにはいられない、そんな話なんよね。

ガブリエルくんをはじめ、少しクセのある“容疑者”たちが、さりげなく存在感を発揮し、うまく話しを盛り上げてる。まだ若々しいデル・トロくんも、訛りの強いしゃべりで、ちょこっと自己主張してたりと、いろいろと楽しめたりして?!

そんでもって、何と言っても、ケヴィン・スペイシーの見事な演技やよなぁ!ちょっと気弱な犯罪者を淡々と演じながら、その演技がなければ、ここまでの作品としての完成度は得られんかったんやろうと思うんよね。

まぁ、そんな演技を引き出しつつ、最後まで展開の読めないストーリーを作り上げた、ブライアン・シンガーという監督さんの才能が、光ってるよなぁ。

今でこそX-Menシリーズや、復刻版スーパーマンの監督として名が売れてるけど、やっぱり彼の代表作は、個人的にはこの作品やし、サスペンス映画の傑作として、きっと映画史に残る作品やと思うんよね!?

まだ観てないひとは、是非お試しを!

« 『ニューオーリンズ・トライアル』 | トップページ | 『今度は愛妻家』 »

My お気に入り」カテゴリの記事