« 『必死剣 鳥刺し』 | トップページ | 『ニューオーリンズ・トライアル』 »

2010年7月21日 (水)

『エクスプレス 負けざる男たち』

今日はアメリカン・フットボールを題材にしした、スポーツ感動秘話をひとつ、ご紹介♪

エクスプレス 負けざる男たち / The Express   ★★★☆☆   (2008年)

監督:ゲイリー・フレダー

出演:ロブ・ブラウン、デニス・クエイド、ダリン・デウィット・ヘンソン、オマー・ベンソン・ミラー、チャールズ・S・ダットン、ネルサン・エリス、アーンジャニュー・エリス、クランシー・ブラウン

まだ公然と人種差別がまかり通っていた50年代から60年代のアメリカにおいて、カレッジ・フットボールの世界で活躍し、黒人で初のハインズマン・トロフィーを手にした男の物語。

肌の色の違いによって、様々な苦難に直面しながらも、持ち前の俊足とたぐい稀な運動神経を武器に、アメリカン・フットボールの世界で伝説となった男の話を、熱く語るんやねぇ?!

差別や偏見に挫けることなく、信念をもって前に突き進み、やがてそれが周囲の見方も変えていく.....なかなか胸にぐっとくるやんね!これが実話に基づくってところが、やっぱり説得力なんやろなぁ。

ひとりのアスリートとして、そのプレーで人々に感動を与え、歓びを伝える、そんな主人公の姿に、少し胸が熱くなってもうたよ。

しかしなぁ.....内容は、なかなか悪くない作品なんやけど、明らかにイーストウッド監督の『インヴィクタス/負けざる者たち』を意識したとしか思えないタイトルの付け方は、どうなんやろ?!いいかげんに、こういう中途半端さが作品に余計なB級感を与えるってことに、気がつかへんかなぁ....??(苦笑)

原題は、足早に人生というフィールドを駆け抜けた主人公を表してると思われ、その意味で、この副題はどないやねんってなるやんねぇ......?!

« 『必死剣 鳥刺し』 | トップページ | 『ニューオーリンズ・トライアル』 »

映画」カテゴリの記事