« 『サッド ヴァケイション』 | トップページ | 『ちょんまげぷりん』 »

2010年8月21日 (土)

『ベスト・キッド』

80年代にカラテブームを巻き起こした(?)あの作品がリメイクされる....ってなことで、かなり楽しみにしてたんよね。しかも、いつも映画のなかでは師匠にしごかれてたジャッキーが、カンフーを教える役をやるようになるなんて.....!?

オリジナルの作品が上映されてた当時、中学生やったオイラは、友だちと映画館に行き、“アントニオ猪木の延髄ギリ”を新日本プロレスのTV中継で見てるときなみに、熱くなったのを思い出してもうたよ!(笑)

前評判では、オリジナルを越えた....なんて声も耳にしてたんやけど..................... 。

ベスト・キッド / The Karate Kid   ★★★☆☆   (2010年)

監督:ハラルド・ズワルト

出演:ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン、タラジ・P・ヘンソン、ハン・ウェンウェン、ワン・ツェンウェイ、ユー・ロングァン

北京に転勤になった母に連れられ、中国にやってきた少年は、カンフー道場に通う少年たちとケンカになり、いじめに合うが、そんな彼を助けた管理人にカンフーを教わり、大会に出ることに.....ってな、少年の成長と師弟愛を描いた80年代の作品のリメイク?!

舞台を中国に変え、カラテがカンフーになり、まぁ、細かい設定はいろいろと変わってるものの、オリジナル同様に“微妙な感じ”のヒロインを選んでみたところや、話の流れは基本的にはオリジナルと同じやった。

そんでもって、オリジナル作品の謎の老人“ミヤギさん”の代わりにジャッキーが出てくるあたりは、やっぱりワクワクさせられるやんね!(笑)

しかし......まぁ、息子のためにっていうウィル・スミスの気持ちも分からんでもないけど、まず、設定が高校生から小学生(12歳)に変わってもうた時点で、ちょっと無理があるって。

苦労知らずにそだったジェイデンくんには、始めからリアリティがないんよね。なんたって、オリジナル版のラルフ・マッチオが高校生役をやってたのは23歳のときやもんなぁ....(苦笑)

なんや、中盤の生ぬるい展開がかったるく、それに、やっぱりペンキ塗りやワックスがけ、して欲しいやないですか!?(笑)

だいたい、カラテはまったく関係ないのに、タイトルをそのまま“カラテキッド”にしてまう中途半端さがなぁ......。

結局のところ、期待が大きすぎたせいか、オリジナルに思いいれが強いせいか、どうしても親バカくんに大好きな作品をダメにされたような気がして、もうひとつ盛り上がらんかった?!

« 『サッド ヴァケイション』 | トップページ | 『ちょんまげぷりん』 »

映画」カテゴリの記事