« 『恋空』 | トップページ | 『カラフル』 »

2010年9月 4日 (土)

『瞳の奥の秘密』

今日は、公開中の作品のなかから、ちょっと渋めなやつをご紹介♪

この作品、アルゼンチン映画なんやけど、実は今年のアカデミー賞で外国語映画賞に輝いた作品なんよね。

賞を獲ったからすごいってことやなくて、そんな賞も納得の、これがまたエエ感じの作品なんよ。

てなわけで、ちょっとおススメ!?

瞳の奥の秘密 / El Secreto De Sus O Jos   ★★★★   (2009年)

監督:フアン・ホセ・カンパネラ

出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、カルラ・ケベド、ギレルモ・フランセーヤ

25年前のある日、若い銀行員の妻が暴行され、殺された。裁判所を定年退職した男は、忘れることのできない、その事件のことを、小説にしようと記憶を辿るのだが.....ってなサスペンス・ドラマ?!

凄惨な殺人事件をきっかけに、引き起こされた出来事、じっくりと過去を再現しながら、やがて話は現代へとつながっていく.....う~ん、実に見事な流れやったね!

“目は口ほどに物を言う”そんなことをテーマにしながらも、それが単に事件の解明というサスペンスだけやなくて、秘めた想い、それぞれの愛憎を描いてるところがすばらしいんよなぁ。

そんな作品のクオリティを支えるのは、派手さはないものの、程よい“重さ”で作られたドラマの雰囲気や、登場人物の個性を丁寧に出しながら、意外な話の結末に必然性を持たせる演出がされてるところかな。

時折、南米ならではの陽気さを散りばめながらも、心に秘めた深い感情を見事にとらえた作品は、派手さはないものの、じんわりと心に残る、素敵なドラマにしあがっとったね!?ブラボーやねぇ!!(笑)

« 『恋空』 | トップページ | 『カラフル』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事