« ミラ・ジョヴォヴィッチとアンデッドな人々 ③ 『バイオハザードⅢ』 | トップページ | 『そうかもしれない』 »

2010年9月20日 (月)

ミラ・ジョヴォヴィッチとアンデッドな人々 ④ 『バイオ・ハザードⅣ アフターライフ』

というわけで、バイオ・ハザードの新作を今日はご紹介♪

アバター』の大ヒット以来、やたらと目にする“3D上映”の作品、でも、そのほとんどが2Dで撮影した作品を後で3D処理するという“なんちゃって3D”なんよね。

そんな中途半端な作品に、ちょっとウンザリしだした今日この頃、ついに本物の3Dが.....しかもゾンビが飛び出す??ってなとこまでの迫力はなかったんやけど、それでも、さすがは本物と納得できる映像やったかな。

でもって、そんな作品の感想は.....?!

バイオ・ハザードⅣ アフターライフ / Resident Evil: Afterlife   ★★★☆☆   (2010年)

監督:ポール・W・S・アンダーソン

出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、キム・コーツ、ショーン・ロバーツ、スペンサー・ロック、ボリス・コジョー、ウェントワース・ミラー、シエンナ・ギロリー、セルヒオ・ペリス=メンチェータ

ウィルス感染によりゾンビ(アンデッド)となっていく人々、そんな中、地下に潜り活動するアンブレラ社の陰謀を暴き、生き残った人々を救い出す主人公アリスの戦いは続く....ってなシリーズ第4弾!

今回の話の中心は、ゾンビどもに囲まれたロスにある刑務所に立てこもる生存者を脱出させるってなことなんやけど、例によってご無体な設定のなかで、派手にアクションをきめていくんよね!?(笑)

ヒロインを演じるミラ嬢は、今回はダンナが久々にシリーズの監督に復帰するってんで、余計に気合いが入ってる感じ(?)やった。

全編3Dカメラで撮影されてるだけあって、映像的には楽しめたかな。まぁ、どっかで見たようなシーンがあったりで、ご愛嬌やったけど....(苦笑)

ここまでシリーズが続くとは思ってなかったし、観続けるとも思わんかったんやけど、効果的に音楽を使い、小気味よく話を展開させていくあたりや、まぁ、言わずもがな、ゾンビをバッタバッタと倒していくあたりが、なんとも痛快なんよね!

オープニングを東京にこだわったっていう記事をどこかで目にしたけど、その部分はちょっと取ってつけたようで、話が浮いてもうてたのはどうかと思ったんやけど、それでもこのシリーズには、何かクセになるような魅力があるんやろなぁ。

てなことで、アリスとアンブレラ社の戦いは終結することなく、まだまだ続くようで.....さて次は....って、どこまで付き合う?!(笑)

« ミラ・ジョヴォヴィッチとアンデッドな人々 ③ 『バイオハザードⅢ』 | トップページ | 『そうかもしれない』 »

映画」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事