« “荻上ワールド”を考える ⑤ 『トイレット』 | トップページ | ミラ・ジョヴォヴィッチとアンデッドな人々 ② 『バイオハザードⅡ アポカリプス』 »

2010年9月19日 (日)

ミラ・ジョヴォヴィッチとアンデッドな人々 ① 『バイオハザード』

TVゲームが流行した時分には、すでに程よい年齢に達していたせいか、あまりシューティング・ゲームにはまったことはないんよね。なので、バイオハザードなるゲームも実はまったく知らなかったりして.....(苦笑)

人気のゲームが映画化、なんてニュースを耳にしても、特別な感情なんて、まったくなかったし、主演がミラ・ジョヴォヴィッチと知って、なおさら興味なかったんよね。

モデル上がりで女優になって、人気絶頂やったリュック・ベッソンのミューズとして注目され、結婚までしたものの、その後は離婚し、出演作もパッとせず、間違いなくこのまま消えていくもんやとばっかり思ってたんやけどなぁ.....。

数年前に何となく気が向いて、初めてレンタルして観たら.....なんや軽くツボに入ったらしく....(笑)

というわけで、どうでもエエよなぁと思いつつ、新作が3Dで公開されることを記念して(?)、まとめて感想をご紹介♪毎度のことながら、公開中の新作の評価は、また明日!?

バイオハザード / Resident Evil   ★★★☆☆   (2001年)

監督:ポール・W・S・アンダーソン

出演:ミラ・ジュヴォヴィッチ、ミッシェル・ロドリゲス、エリック・メビウス、マーティン・クルーズ、ジェームズ・ビュアフォイ

巨大企業が地下に作った研修施設で極秘に行う遺伝子や生物兵器開発、ある日、何者かにより危険なウィルスが研究所内に漏れ出した。調査のために踏み込んだ特殊部隊は、倒れている女性を発見するが.....ってなことで、次々と迫りくるゾンビ(アンデッド)の群れに、どないすんねん...ってなアクション・ホラー!?

公開当時は、ホンマにかなりバカにしてて、こんなB級作品は、観る価値もないやろうって思ってたんやけど......これ、意外なほど楽しめるんよね!?(苦笑)

もちろん下らない内容なんやけど、そんな中にあって、なんといっても主人公のミラ嬢が悩ましいくらいセクシーなんよ!!思わず夢中になってもうて.....なんて(笑)

前半の“ハイテク”な敵から、後は数で勝負のゾンビくんたちまで、目先を変えて、小気味いい展開で進むアクションは、不思議と観てて飽きんのよなぁ。

まぁ、そんなことを言って褒めたところで、しょせんはB級映画なんやけどね.....でも、楽しい♪(笑)

« “荻上ワールド”を考える ⑤ 『トイレット』 | トップページ | ミラ・ジョヴォヴィッチとアンデッドな人々 ② 『バイオハザードⅡ アポカリプス』 »

映画」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事