« 『手のひらの幸せ』 | トップページ | 『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』 »

2010年9月29日 (水)

『ミレニアム2 火と戯れる女』

今日は、公開中の作品のなかから、今年の1月に公開された『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の続編2作をご紹介♪

このシリーズ、世界中でベストセラーになってる小説を映画化したものなんやけど、実は1作目を観て、妙に話が気になって、その後、2作目と3作目は本を買って、読んでもうたんよね。

別に書評を書くところやないんで、詳しくは書かかんけど、この原作、相当におもろい!?なんや、夢中になって読んでもうたんよ。複雑に絡み合う人間関係や謎解き、作者がすでに亡くなってもうてて、更なる続編がないってのが残念やと思ってまうほどのよくできた話なんよね。

そんなこんなで、本の中の世界がどれだけ映像化されてるか、かなり期待して鼻息を荒くしてたんやけど.....。

ミレニアム2 火と戯れる女 / Flickan Som Lekte Med Elden   ★★★☆☆   (2009年)

監督:ダニエル・アルフレッドソン

出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、アニカ・ハリン、ペール・オスカルソン、レナ・エンドレ、ペーター・アンデション、ヤコブ・エリクソン、ソフィア・レダルプ、ヤスミン・ガルビ、ヨハン・キレン、ターニャ・ロレンツォン、ゲオルギー・ステイコフ

雑誌ミレニアムは、人身売買と少女売春をする組織に関するネタを入手し、その実態を暴く記事の準備を進めていたが、そんな時に中心となっていたジャーナリストとその彼女が殺されることに。現場に残された銃からは、ある指紋が.....ってな、天才ハッカーのリズベットとジャーナリストのミカエルが事件の謎を追う、サスペンス・ドラマのシリーズ第2弾!?

今回は犯人に仕立てられたリズベットと彼女の無実を証明しようと奔走するミカエルの活躍を描くんやね。

事件の裏側に隠された秘密、そんでもって知られざる過去が....ってなことで、グイグイと盛り上がるでぇ.....と思ったら、う~ん、何やろなぁ(苦笑)

今回は原作を先に読んでもうたのがイカンかったんか、それとも監督が交代してもうたのが影響したのか、ちょっと肩透かしをくらった気分やね。

あれだけの傑作を映像化するというのは、確かに至難のワザなんやろうけど、それでも、物足りんのですよ。

主役のふたりの微妙な感情、捜査する側の人間関係や真実を突き止めようとする側のドラマ、もっと濃くてスリリングな内容にできたんと違うかなぁって思うんよね。

今回も北欧らしいダークな雰囲気は出てるんやけど、いかんせん、話の流れやメリハリが悪いために、ちょっと退屈してもうて.....(苦笑)とりあえずは、もう一息なところは次の3作目に期待するとして.....って思ったんやけど.....ね!?

« 『手のひらの幸せ』 | トップページ | 『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』 »

映画」カテゴリの記事