« 『エクスペンダブルズ』 | トップページ | 『男たちの大和/YAMATO』 »

2010年10月24日 (日)

『桜田門外ノ変』

今年は、なぜか時代劇の大作映画が目白押しらしく、巷では、どういうわけか元日本代表の監督やった“頑固なメガネくん”をイメージキャラにして、“侍モノ”としてキャンペーンを張ってたりして、盛り上げようと頑張ってるらしい。

そんな“侍モノ”の中から、公開が開始された作品を、今日はご紹介♪

この作品の監督さんの前作もひどかったんで、正直、どうかとは思ったんやけどねぇ.....(苦笑)まぁ、失礼かとは思いつつ、昭和の監督であって、もうそろそろエエんと違うかなぁって気はするんやけど.....?!

桜田門外ノ変   ★★☆☆☆   (2010年)

監督:佐藤純彌

出演:大沢たかお、長谷川京子、柄本 明、生瀬勝久、渡辺裕之、中村ゆり、渡部豪太、須賀健太、本田博太郎、温水洋一、田中要次、西村雅彦、伊武雅刀、北大路欣也、榎木孝明、坂東巳之助、加藤清史郎

ペリーの黒船が来航し、開国か攘夷かで揺れるなか、幕府において権力を掌握していた大老 井伊直弼を暗殺した水戸藩の浪士たち、事件を首謀したひとりの男を通して、その前後を描く時代ドラマ?!

いやぁ~、まいってもうたよ....(苦笑)まぁ、観る前から、なんとなく嫌な予感はしてたんやけど.....悪い予感が見事に的中してもうたね。もう、何と言うか、時代劇の駄作はこうして作られるっていうのの手本やわ、これ!?

役者の顔ぶれを見たら、まぁ、エライ豪華なんやけど、それが何でこないなってまうんやろねぇ.....?!言わずもがなで、ベテラン陣は、迫力のある見事な演技なんやけど、それ以外がエキストラも含めて、どないなんやろなぁ.....まさに学芸会のレベルやった(苦笑)

そんでもって、一生懸命工夫して構成を考えたんやろうけど、時間を行ったり、来たりしても、まったく話に活きてこず、逆に展開が流れていかへんもんやから、イライラしてもうてね。

挙句の果てに、意味不明なストップモーションにナレーションをかぶして、安っぽい演出のオンパレードときたもんよ。

ひとつの時代の分岐点になった事件やし、歴史に残る出来事をテーマにしながら、これはないんと違うかなぁって思ってもうた。

まぁ、実際の桜田門外での出来事がどうやったんかは分からんけど、でも、あんな茶番やなかったことだけは、間違いないんと違うかな?!これはかなりの時間のムダやった.....(失笑)

« 『エクスペンダブルズ』 | トップページ | 『男たちの大和/YAMATO』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事