« 『ナイト&デイ』 | トップページ | 『笑いながら泣きやがれ』 »

2010年10月17日 (日)

『おにいちゃんのハナビ』

今日は、公開中の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、劇場で観るつもりはなかったんやけど、何や、やたらと評判がよくて、それならばってんで、我慢できずに足を運んだってなわけなんよね。

出演者のひとり、谷村美月くんは、先日紹介した三池くんの『神様のパズル』では、少々、無理してる感の出た演技やったけど、『十三人の刺客』では、本人とは気づかないほど(?)さりげなく頑張ってたし、今回と同じコーラくんと競演した『ボックス!』でも、ひとり気を吐いてた印象で、この年代の女優さんの中では、演技は上手い方やし、好感がもてると思うんよね。

そんなこんなで、密かに(?)話題の作品の感想は....?!

おにいちゃんのハナビ   ★★★☆☆   (2010年)

監督:国本雅広

出演:高良健吾、谷村美月、大杉 蓮、宮崎美子、早織、尾上寛之、岡本 玲、佐藤隆太、佐々木蔵之介、塩見三省

白血病で入院していた妹が半年ぶりに退院して家に戻ってみると、高校を卒業した兄が引きこもりになっていた。そんな兄を心配した妹は、何とか部屋から引きずり出そうとするのだが....ってな、花火で有名な新潟県の方貝町を舞台にした、実話を基にした家族ドラマ?!

人付き合いが苦手で、無気力に日々を過ごす兄、病気になっても明るく前向きな妹、そんな兄妹の関係を軸に、バラバラになりかけた家族の絆の再生を描いてるんやねぇ。

病気のせいとはいえ、家族の状況に少なからず責任を感じてる妹の健気な頑張りや、それにより徐々に心を開いてく兄、そして花火が、家族をひとつにする.....エエ話やないですか!(笑)

まぁ、なんと言っても、病気の妹を演じる谷村くんの頑張りが光るわなぁ。無邪気な明るさの中に、兄のことを想う妹の優しい気持ちが出とったね。兄役のコーラくんも、彼の不器用さが役柄にマッチしとったかな?!

TV出身の監督さんだけに、少し展開に強引さがあるのと、中途半端に笑いを取りに行って、ガチャガチャしてる部分が残念ではあるんやけど、盛り上げるところはしっかりと押さえ、うまく話をまとめてたね。おかげで、まぁ、涙腺は適度に刺激され.....ね!?(苦笑)

この作品、病気を売りにした、安易な感動に走ることなく、家族の絆、人のもつ優しさ、心の温かみが表現されてるところに、素直に感動できる要素があるんやろなぁ。

というわけで、評価としては、なかなかやったね!こんな気持ちのこもった花火なら、是非、見にいってみたいもんやなぁ。歓びを分かち合い、悲しみをともに癒す、そんなものを俺も必要としてるのかも.......なんて?!(笑)

« 『ナイト&デイ』 | トップページ | 『笑いながら泣きやがれ』 »

映画」カテゴリの記事