« 『おにいちゃんのハナビ』 | トップページ | 『乱暴と待機』 »

2010年10月18日 (月)

『笑いながら泣きやがれ』

今日は劇場未公開の作品のなかから、イギリスの映画をご紹介♪

この作品、まだキャリアの浅い監督さんの作品らしいんやけど、イギリスでは少し注目されてるらしく、そんな評判もちょっと納得の、なかなかのデキ栄えやったかな。

笑いながら泣きやがれ / Crying With Laughter   ★★★☆☆   (2009年)

監督:ジャスティン・モロニコフ

出演:スティーヴン・マッコール、マルコム・シールズ、アンドリュー・ニール、ジョー・ハートレー、トム・ジュード、ローラ・キーナン

地元ではちょっと有名なスタンドアップ・コメディアンの男は、ある日、若い頃に同じ学校に通っていたという男に声をかけられる。アパートの大家ともめた彼は、住むところを失い、そんな男に助けを求めるのだが.....ってな、イギリスのサスペンス・ドラマ?!

まったく予備知識なしで観てたら、なかなかのめり込んでもうたね。笑いのステージに命をかける、そんな人情ドラマかと思ったら、これが意表をつくサスペンスやったんよ。

そんなにアッと驚くような展開ではないんやけど、巧みなカメラ・アングルで役者の表情を捉えながら、秘めた感情を映し、観る側をぐいぐいと引き込んでいくあたりが、なかなか上手いんよなぁ。

特にオープニングの海に向かって独りつぶやく、そんなシーンに、ぐいっと入りこんでもうて....というか、海に向かってグチるのって、たまに自分でもやるもんで.....(苦笑)

忘れられない過去、知らなかった真実、罪の意識と赦しの物語なんかな?!そんでもって、すべてを笑いに変えるってとこか。

地味な作品ではあるんやけど、なかなかの味わいやったね。この監督さんの今後に、ちょっと注目かも?!

« 『おにいちゃんのハナビ』 | トップページ | 『乱暴と待機』 »

映画」カテゴリの記事