« 『ワイルド・ライズ』 | トップページ | 『ラスト・ソルジャー』 »

2010年11月24日 (水)

『カクタス・ジャック』

てなわけで、ついでなんで、その日本で酷評された監督さんのデビュー作を、オマケでご紹介♪

まぁ、確かに前評判が高かっただけに、ちょっと肩透かしをくらった感はあるんやけど、それでも次につながる予感は持てたし、それほど悪くはなかったように思うんやけどねぇ....?!

カクタス・ジャック / Matando Cabos   ★★★☆☆   (2004年)

監督:アレファンドロ・ロサーノ

出演:トニー・ダルトン、ホアキン・コシオ、クリストフ・ラクジンスキー、アナ・クラウディア・タランコン、ラウル・メンデス、ペドロ・アルメンダリス・Jr、ロシオ・ベルデホ

誰もが恐れる大金持ちの鉄鋼王、そんな彼の娘の恋人は、成り行きで男を誘拐してしてしまうことに。また、気絶した男を着ぐるみはがし、金品を奪った清掃人だったが、鉄鋼王を誘拐して身代金を奪おうとした自分の息子に誘拐されてしまい.....迷走する事件の結末は、果たして...ってな、コメディ・タッチのメキシコのサスペンス&コメディ?!

ワケありな元レスラーに無口な用心棒、個性的な登場人物が出てきて、なんともマヌケな誘拐事件をさらに愉快に.....ってかな?!

ゴリゴリのサスペンスかと思いきや、これ相当のおバカな展開やったね。まぁ、話としてはかなり練られてるんやけど、それほど意外性が感じられへんところが、物足りなさが残るんよなぁ。

それでも、娯楽作品としては、下らないハリウッドのコメディ観るよりは、遥かにマシな気はするんやけどね?!

あっ、あと.....主役やないんやけど......鉄鋼王の娘役のタランコンが....かわいいんよなぁ!?(笑)実は、密かに“ラテンのミューズ”として注目中!なんかエエんよ。。

« 『ワイルド・ライズ』 | トップページ | 『ラスト・ソルジャー』 »

映画」カテゴリの記事