« 『正しい恋愛小説の作り方』 | トップページ | 『うん、何?』 »

2010年11月 1日 (月)

『72時間』

今日は、デンマーク映画をご紹介♪

かつてはヨーロッパ映画といえば、フランス、イギリス、スペイン、イタリアにドイツってのが定番やったけど、最近は、それ以外の国の良質な作品が紹介されるようになって、映画ファンとしては、喜ばしく思うんよ。

派手なドンパチやアクションがなくても、緻密さや繊細さで、いい作品でできるもんやもんね!?

この作品も、とっても地味な作りながら、なかなか悪くないデキやったかな。ハリウッドでリメイクさせることが決定してるらしく、まぁ、そちらの方はあまり期待せんのやけど....(苦笑)

72時間 / Kandidaten   ★★★☆☆   (2008年)

監督:カスパー・バーフォード

出演:ニコライ・リーコス、ウルフ・ピルガード、ラウラ・エリザベット・クリステンセン、ツヴァ・ノヴォトニー、デヴィッド・デンシック、キム・ボドゥニア

ある裁判を担当し、敗訴した日に自動車事故で死んだ父。同じく弁護士をする息子は、裏社会にも顔が利く、当時の依頼人の手下に殺されたと疑念を抱くのだが....ってな、デンマーク発のサスペンス・ドラマ?!

身に覚えのない死体、謎の女、何者かによる恐喝、突然、わが身に降りかかる災難、一体誰が何のために....そんな謎解きのお話は、なかなかの緊迫感で、飽きさせない内容やったね!?

まぁ、ちょっと詰めが甘くてツッコミどころもあるし、結末もそれほどの意外性はないんやけど、作品としては十分楽しめるし、悪くないんと違うかなぁと思う。

追い詰められながらも必死に奮闘する主人公を演じる役者さんも、なかなかワイルドな雰囲気を出しつつ、熱演してたしね。

小粒ながらも良心的なヨーロッパ的サスペンス・ドラマ、そんなとこやろかねぇ?!

でも....なんで邦題が『72時間』なんやろ??その謎だけは、最後まで解けんかった....なんて(苦笑)

« 『正しい恋愛小説の作り方』 | トップページ | 『うん、何?』 »

映画」カテゴリの記事