« 『不灯港』 | トップページ | 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 »

2010年11月10日 (水)

『ボーダー』

今日はベテラン俳優の熱い競演が観れる......ハズの作品をひとつご紹介♪(笑)

デ・ニーロとパチーノのふたりの共演というと、15年ほど前に『ヒート』って作品があったやんね。まぁ、個人的にはイマイチ“熱く”なれんかった作品ではあるんやけど、やっぱりこれだけの役者が演技で絡むとなると、ちょっと期待してまうかな?!

というわけで、そんな作品の感想は......。

ボーダー / Righteous Kill   ★★★☆☆   (2008年)

監督:ジョン・アヴネット

出演:ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、カーティス・ジャクソン、カーラ・グギーノ、ジョン・レグイザモ、ロニー・ウォールバーグ、トリルビー・グローヴァー、ブライアン・デネヒー

被害者は、いずれも法の目をかいくぐって生きる悪党たち、現場にはいつも手書きの詩、そんな連続殺人事件を捜査するベテラン刑事のコンビだったが、ふたりにはある秘密が.....ってな、クライム・サスペンス?!

デ・ニーロとパチーノの豪華競演の実現した作品ってなことで、少しは話題になってたんかな?!

正義感が強いために、時として暴走する男と、そんな彼と長年コンビを組む冷静な男、そんなふたりの信頼関係を軸に、事件は思わぬ方向に....ってなわけで、大御所の渋い演技で盛り上げたるでぇ~って、きっと気合が入ってたんやろなぁ?!

確かに重厚な雰囲気なんやけど.....いや、というよりも“重苦しい”ってとこかな(苦笑)なんたって、ふたりとも、もう60代の後半、ホンマもんの刑事なら、もう立派にリタイアしてる年齢やもんね。

足元のおぼつかないオヤジさんが、緊迫したシーンを演じても、なんや動きが心配になってもうて....(苦笑)

大まかな展開も、ある程度早い段階で分かってまうだけに、話としては残念ながら期待したほどのワクワク感はなかったね。同じ内容でも、せめてあと10年早く実現してたらなぁ...少しは違った印象やったかも?!

« 『不灯港』 | トップページ | 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 »

映画」カテゴリの記事