« 『マイネーム・イズ・ハーン』 | トップページ | 『サベイランス』 »

2010年11月 4日 (木)

『運命のボタン』

今日は、最近レンタルが開始されたばかりの作品のなかから、サスペンス調のものを2つほど、ご紹介♪

まずは、キャメロン・ディアス主演の作品からね!

その意味深なストーリーの設定から、公開当時は気になってたものの、評判の方がイマイチで、結局、劇場では観ることなく、スルーしてもうた作品なんよね。

まぁ、巷の評価は、ある意味納得なんかなぁ.....?!

運命のボタン / The Box   ★★★☆☆   (2009年)

監督:リチャード・ケリー

出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェロ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、ジリアン・ジェイコブス、セリア・ウェストン、デボラ・ラッシュ

ある朝、何者かが玄関先に箱を置いてい去って行った箱の中には、ボタンの付いた不可思議なボックスが。その日の夕方、家にやって来た男は、ボタンを押せば、見知らぬ誰かの命と引き換えに100万ドルを渡すと言うのだが.....ってな.....サスペンス?!

自分の欲を満たすために金を取るか、それとも諦めて誰かの命を守るのか、そんな究極(?)の選択を迫られた夫婦の葛藤とその顛末を描くってね。

てっきりスリリングな心理ドラマが展開するのかと思ったら......なんや、ファンタジーやらホラーやらが入り交じった、意味不明な話やった(苦笑)

何となく雰囲気のあるストーリーのようでいて、実のところ全く筋の通らない、まとまりのない内容になってもうてるのが残念やよなぁ。

いろいろと仕込みをしてるように見えて、どれも中途半端でつながってこず、期待をもたせる割に、ヒネリのない方向に落ち着いてもうてるのが、すっきりせんのですよ?!どことなく安っぽい効果音も、ホラー映画のパロディみたいな感じやったしね(苦笑)

なんや、必死に演技してるキャメロン嬢が、気の毒になってくるような、そんな作品やったね!?

« 『マイネーム・イズ・ハーン』 | トップページ | 『サベイランス』 »

映画」カテゴリの記事