« 『エクリプス/トワイライト・サーガ』 | トップページ | 『SP 野望篇』 »

2010年11月22日 (月)

『エグザム』

作品のテーマが......えっ、就職活動??(笑)

今日は、そんな、ちょっと意表をつくような作品をご紹介♪

脚本&監督をしてるヘイゼルダインくんは、この作品で昨年のイギリスのアカデミー賞で新人監督賞にノミネートされたんやってね。新顔ながら、この作品のおかげで結構注目をされてるらしい。ちなみにその時に受賞したのがデヴィッド・ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズの『月に囚われた男』なんよね。

というわけで....なるほど、この作品、確かに光るものはあるんかもね?!

エグザム / Exam   ★★★☆☆   (2009年)

監督:スチュアート・ヘイゼルダイン

出演:ルーク・マブリー、ジェンマ・チャン、ジミ・ミストリー、ジョン・ロイド・フィリンガム、チュク・イウジ、ナタリー・コックス、ポリアンナ・マッキントッシュ、アダル・ベック、コリン・サーモン、クリス・ケアリー

とある企業の採用試験で、最終選考に残った8人の候補者たち。課せられた課題は、80分間でひとつの質問に答えること。しかし、いざ試験用紙を見てみると、そこには何も書かれていない白紙が......ってな、密室での心理戦を描いたサスペンス・ドラマ?!

4人の男と4人の女、人種も異なれば、それぞれのバックグラウンドも違う、そんな候補者たちは、質問が何かも分からず、試験官の残した言葉を頼りに、仕事を手に入れるために、試行錯誤するんやねぇ。

セットひとつで出演者も無名の役者ばかり、アイデアだけで勝負する、典型的な低予算映画やった(笑)

その内容はというと、確かに、ひとつのシチュエーションで、心理ドラマを展開し、人の欲、エゴをさらけ出すってな所は、なかなかオモロイ。でも、、オリジナリティという点では、この手の話は他にもあるし、それ程の新鮮味はないんよなぁ。

それでも、作品自体にはそれなりの緊張感があって、飽きさせない内容にはなってたかな?!経験のなさというか、ちょっと強引かなぁと思う場面もチラホラとあるんやけど、全体としては悪くはなかったね。

新人監督さんということで、どことなくセンスは感じられるんで、今後、ひょっとしたら化けるかもなぁ....なんて期待をしつつ、ちょっと青田買い?!(笑)

« 『エクリプス/トワイライト・サーガ』 | トップページ | 『SP 野望篇』 »

映画」カテゴリの記事