« 『リトル・ランボーズ』 | トップページ | 『マチェーテ』 »

2010年11月13日 (土)

『銀河ヒッチハイク・ガイド』

というわけで、ランボーをネタに、心憎い作品を撮った監督さんのデビュー作を、本日のオマケとしてご紹介♪

この作品の原作、本で読んだんやけど、なかなかオモロイ話なんよね。もともとはBBCのラジオ番組のために書かれたモノなんやって。

そんな話を映像化した作品の感想は.....?!

銀河ヒッチハイク・ガイド / The Hitchhiker's Guide To The Galaxy   ★★★☆☆   (2005年)

監督:ガース・ジェニングス

出演:マーティン・フリーマン、サム・ロックウェル、ビル・ナイ、ジョン・マルコヴィッチ、ズーイー・デシャネル、モス・デフ

銀河バイパスの建設のために突然訪れた地球最後の日、イギリス人の男は、実は宇宙人だった親友に助けられて、彼の書いたベストセラーのガイドブックを片手に、人類唯一の生き残りとして宇宙をヒッチハイクすることに......ってな、とってもナンセンスなSFコメディ?!

出だしから、どこか人類の愚かさなんかを揶揄した捻りの効いた展開で、ブラックな笑いをふりまいてて、なかなか良かったんやけどねぇ....?!

ただ、ちょっと話がユル過ぎなのか、もう一息テンポが出てこないあたりが、少しかったるくて、中だるみしてもうてる感じやったかなぁ.....。

それでも、“うつ病のロボット”なんてのは、ユーモアのセンスとしては、抜群やと思うんやけどね!(笑)同じ下世話な笑いでも、ストレートにもってこない辺りがイギリス人の奥ゆかしさってとこなんかな。

まぁ、あまりにも下らなすぎるのか、それともちょっと哲学的過ぎるのか、ついていけないところもあるんやけどね....不思議な世界が展開してることは間違いないんやけど.......(苦笑)

この監督さん、音楽ビデオ畑の出身だけに、映像的にも凝ってるし、アニメーションを使ったりして、工夫はされてて、いろいろと頑張ってはいるんやけど.....でも、内容がアホすぎた??(笑)

« 『リトル・ランボーズ』 | トップページ | 『マチェーテ』 »

映画」カテゴリの記事