« 『密会1723号室』 | トップページ | 『9<ナイン>~9番目の奇妙な人形』 »

2010年12月21日 (火)

『ニュータイプ ただ、愛のために』

“ニュータイプ”といえば.....ガンダムのアムロ・レイやろう.....なんてツッコミを入れつつ手にした邦画をひとつ、今日はご紹介♪(笑)

この作品、もとはBSのTVドラマがあって、それの劇場版ってことらしい。そうは言っても、BSみたいな“ブルジョア”なものは持たない身としては、まったく知らないんやけどね(苦笑)

この作品の大政くんってのが、来年、出演作が目白押しの、注目の(?)若手女優さんらしく、ちょっと“青田買い”的な意味もあって、試してみたってわけなんよ。

でもって、そんな作品の感想は......?!

ニュータイプ ただ、愛のために   ★★★☆☆   (2008年)

監督:廣木隆一

出演:大政 絢、佐野和真、竹財輝之助、山田キヌヲ

地方の港町のフェリー乗り場で働く女は、ある日、片足をひきずる男と知り合うことに。ひょんなことから、特殊な能力を持つ彼を介抱することになるのだが.....ってな恋愛ドラマ?!

寂しい海辺の町でひとり暮らしをする彼女の事情、何かから逃げようとしている彼の事情、傷ついた心を胸の奥にしまいこんで生きる、そんな男女の切ない関係を描く.....ってな感じかな?!

期待の(?)若手女優の初主演映画ってなことで、どこか“顔見世”的な意味合いの作品なんかもね。まぁ、まだ“ぎこちない”ながらも、頑張って演じてたんと違うかな。

しかし、残念ながら話の内容の方は、ちょっとツッコミどころが多かったかな(苦笑)

非現実的な設定の話だけに、多少のムリが生じるのはしょうがないんやろうけど、それでも、もう少しちゃんと作り込んで欲しいところやんね。低予算のインデペンデント作品のような雰囲気なんやけど、実はちゃんとTV局やら何やらとスポンサーが付いてるんやから....。

てなことで、作品としては、もう一息ってとこかなぁ?!

« 『密会1723号室』 | トップページ | 『9<ナイン>~9番目の奇妙な人形』 »

映画」カテゴリの記事