« 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 | トップページ | 『セックス・クラブ』 »

2010年12月 5日 (日)

『黒く濁る村』

今日は公開中の作品のなかから、韓国映画を.......って、先週に引き続き、2週連続で取り上げるとは、いよいよ有閑主婦と同様に、人生に見切りをつけて韓流に走ったかぁ....なんて言われそうやけど、別に深い意味はないんよね(苦笑)

たまたま、公開中の邦画とどっちにしようかと思った時に、その邦画の評価が賛否両論みたいで、どうせハズスなら、こっちの方が.....ってこと?!

まぁ、韓国で“観客動員何万人”とか言われても、それはそれで胡散臭く感じてまうんやけどね(苦笑)

でも、この作品、なかなかのデキやったんで、とりあえずは選択は間違ってなかったかなぁ...ってなわけで、ちょっとおススメ?!

黒く濁る村 / 苔 Moss   ★★★★   (2010年)

監督:カン・ウソク

出演:パク・ヘイル、チョン・ジェヨン、ユ・ジュンサン、ユソン、ユ・ヘジン、キム・サンホ、キム・ジュンベ、ホ・ジュノ

ずっと会っていなかった父親が死んだとの報せを受け、父が住んでいた山奥の村にやってきた息子。村の村長を始め、村人たちのよそよそしい態度が気になり、父親の死因に疑念を抱いた彼は、しばらく村に滞在することにするのだが.....ってな、サスペンス・スリラー?!

どんな悪人でも、その言葉や態度で惹きつける、ちょっと不思議な魅力をもった男と、ひとりの強面の刑事、そんなふたりが開いた村には、秘められた過去が.....ってな話は、160分あまりの長尺ながら、退屈さをまったく感じない、なかなかのデキやったね。

徐々に深まってく謎をじっくりと解き明かしながら、そんな話に役者の見事な演技が絶妙に絡み合うってかぁ?!

主役の彼も頑張ってたんやけど、それ以上に、脇役のクセ者俳優の演技が迫力あるんよなぁ。

一見すると自然に囲まれた、何の変哲もない“のどか”な村で、限りなく黒に近いグレーな世界が怪しげに広がる.....、そんな緊迫した、不気味な雰囲気を作り上げた監督さんと、そして濃密なドラマを繰り広げる役者の演技力に拍手を送りたくなる、そんな作品やったね!?

« 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 | トップページ | 『セックス・クラブ』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事