« 『蛇のひと』 | トップページ | 『最後の忠臣蔵』 »

2010年12月25日 (土)

『トロン:レガシー』

ジングルベル、ジングルベ~ル、鈴が鳴る~♪ 「あれっ、ウチまだサンタさん来てないでぇ.....」.なんて、ただでさえ寒いのに、これ以上凍るようなボケはこれぐらいにして、今日は公開中の作品をひとつ、ご紹介♪(苦笑)

今日の作品の1作目の『トロン』って映画は、実は80年代前半に、アニメ中心のディズニーが気合いを入れて作った実写映画やったんよね。当時としては珍しい、CGを使った近未来的SF映画ってことで、かなり話題にはなってたのを憶えてる。

この作品、デキはというと......映像の話題ばかりが先行して、内容はまったくといっていいほど記憶に残ってなくて、結局のところ、斬新ではあったものの、“時代が作品に追いつかなかった”ってなことで、カルト映画的な扱いを受けることになったわけなんよねぇ。

そんな作品の続編を、最新の3D技術を駆使して、敢えて製作するディズニーの意気込みは、過去の汚点を払拭すべく(?)、相当な鼻息の荒さのようで.....?!(笑)

トロン:レガシー / Tron: Legacy   ★★★☆☆   (2010年)

監督:ジョセフ・コシンスキー

出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ボー・ガレット、ブルース・ボックスライトナー、ヤヤ・ダコスタ、セリンダ・スワン、ジェームズ・フレイン、エリザベス・マシス、ダフト・パンク

子供の頃に失踪したIT企業のカリスマ経営者だった父親から、20年ぶりにメッセージを受取った息子は、導かれるまま、かつての父の仕事場に行き、そこで隠し部屋を発見するのだったが....ってな、30年近く前に作られ、当時、話題先行で失敗に終わった(?)ディズニーの実写映画のリベンジ作品?!(笑)

電脳世界に迷い込んだ青年が、そこを支配する強力な“プログラム”と戦いながら、父親との再会を果たす....ってな話なんよね。

3D撮影されたディズニーの渾身の作品ってことで大々的に宣伝してるんやけど.....思ったほど3D効果を感じさせる撮り方をしてないんよなぁ?!なので、そういう意味では少し拍子抜けやったかな(苦笑)

ただ、画面に広がる世界ってのは、よく作り込まれてたねぇ!?乗物やら建物、すべてにおいてワクワクさせるような、見事な映像やった。

つまるところ、わざわざメガネして観せんでも、十分にアピールできる迫力やったんと違うかなぁ.....ってね。

そんでもって肝心の話の方はというと、前作に引き続きの出演の、最近、ノリに乗ってるジェフくん(1作目の主役が彼やったとは.....)が、ドラマ性がないなら出ないって言った甲斐あってか、父と子の絆のドラマに仕上がってるんよね。そんなジェフくんの存在感が抜群で、なんや格好エエんよなぁ!?まぁ、主役の彼のインパクトが薄いだけに....ってのはあるんやけど(苦笑)

というわけで、この作品、過去の失敗で学んだことが活かされたかどうかは分からんけど、色んな意味(?)で男心をくすぐるには十分な、なかなかの娯楽作品やったね!?

ヤマト効果というか.....あれ以来、作品の評価が甘くなってもうた気もしなくもないんやけど....(苦笑)

« 『蛇のひと』 | トップページ | 『最後の忠臣蔵』 »

映画」カテゴリの記事