« 『舞妓Haaaan!!!』 | トップページ | 『息もできない』 »

2010年12月15日 (水)

『その男 ヴァン・ダム』

ちょっと前に公開された、スタローンの『エクスペンダブルズ』でアクション俳優が集結するなかで、その分野ではそこそこ名の知れてるはずが、結局お呼びはかからずに、すっかり役者として忘れられつつある感の出てきたジャン=クロード・ヴァン・ダム、そんな彼のとっても自虐的な作品を、今日はご紹介♪

彼って、ベルギーの出身らしく、オーストリア出身のシュワちゃんの後を追うように(?)して、ハリウッドに進出し、アクション俳優としての地位を築いてきたんやってね。

そんな彼が、パッとしない最近の現状を逆手に取って(?)、本国ベルギーで作った作品がこれらしい?!

ちなみに、作品のなかで離婚がネタになってるんやけど、実際に4度の離婚経験があるらしく、現在は元妻とヨリを戻して暮らしてるとか......波乱万丈でんなぁ(笑)

その男 ヴァン・ダム / JCVD   ★★★☆☆   (2008年)

監督:マブルク・エル・メクリ

出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、フランソワ・ダミアン、ジヌディーヌ・スアレム、カリム・ベルカドラ、ジャン=フランソワ・ウォルフ

男47歳、アクション俳優としてはそろそろ肉体的な限界が来ていて、作品にも恵まれない、おまけに離婚調停中で娘の親権は妻の手に.....金なし、仕事なしのヴァン・ダムが地元の郵便局に金を出しに行ったら、そこには強盗が.......そして、なぜか気がついたら自分が犯人にされていて........ってなコメディ?!

どこまでホンマか分からんくらい、この自虐的な役どころが笑える!

時折、とっても哀愁を感じさせてくれる音楽をバックに回想シーンがあったりで、ここまでやるかってね!?(笑)ただ、セリフの内容があまりにも真実味があるもんやから、思わず笑ってまうんよなぁ。

ドラマの内容としては、ちょっとB級で、あまりヒネリもなく、少々中だるみな感はあったんやけど、そうは言っても、もとから話の設定で勝負的なノリの作品なわけやから、これはこれでエエんかな?!

まぁ、彼にとって、この作品が単なるアクション馬鹿で終わることなく、新たなキャリアの転換にでもなれば、エエんやけどねぇ?!でも、何となく応援したくなったりして......♪(笑)

« 『舞妓Haaaan!!!』 | トップページ | 『息もできない』 »

映画」カテゴリの記事