« ジェニファー・アニストン 勝手に応援企画 ① 『バウンティー・ハンター』 | トップページ | 『武士の家計簿』 »

2010年12月 9日 (木)

ジェニファー・アニストン 勝手に応援企画 ② 『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』

勝手に応援企画第2弾は.....とある一家と犬との関係を描いた感動ドラマ??

ジェニファーって、出だしが大ヒットTVコメディの『フレンズ』でのキュートかつコミカルな演技だっただけに、どうしても、その後もそのイメージを引きずってもうてる感じやんね。

もう少し作品に幅が出てくると、エエんかもしれんけどなぁ......なんて、ちょっと心配してみたりして?!

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと / Marley & Me   ★★★☆☆   (2008年)

監督:デヴィッド・フランケル

出演:オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン、エリック・デイン、アラン・アーキン、キャスリーン・ターナー

子供を作る代わりに飼いはじめた犬のマーリー、本来ラブラドールは、とても大人しい犬種のはずが、やって来たのはどうしようもなく“やんちゃ”な犬で...ってな、コメディ調の犬と家族の交流を描くドラマ?!原作は、ベストセラーのエッセイやそうで。

楽しいときも、悲しいときも、いつも一緒だった犬、気づいたら家族の中心に、ってな話は、犬を飼ってる、もしくは飼ったことがある人には、共感しまくりの、たまら~ん話やったね。かくいうオイラも、昔実家で飼ってた犬のことを思い出してもうたよ(笑)

人間と違って(?)、犬は愛情を注いだ分だけ、しっかりと返してくれる、ホンマその通りやなぁってねぇ。

そんなこんなで、この作品、とってもやんちゃ犬の無邪気さが、癒しになってるんかなぁ?!

主演のふたりの持ち味を活かしつつ、それなりに笑えるエピソードを交えながら、犬を交えた家族の絆、溢れる愛情が表現されてたかな。

まぁ、逆にコメディに重心を置きすぎて、少し軽くなりすぎた感もなきにしもあらずやけど、それでも十分楽しめる上に、しんみりとした部分もあり、悪くなかったね。

あぁ、また犬でも飼いたいなぁ.......その前に......家族かなぁ?!(苦笑)

« ジェニファー・アニストン 勝手に応援企画 ① 『バウンティー・ハンター』 | トップページ | 『武士の家計簿』 »

映画」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事