« 『ACACIA -アカシア-』 | トップページ | 『犬とあなたの物語 いぬのえいが』 »

2011年1月29日 (土)

『グリーン・ホーネット』

今日は公開中の作品の中から、ヒーローものをひとつ、ご紹介♪

この映画、もともとはラジオ用のドラマやったらしく、それが60年代なかばにTVシリーズになったんやってね。そんでもって、そんなTV版には、あのブルース・リーが出演してたらしい。更に、その役どころは準主役の今回ジェイ・チョウが演じたカトーやったんやけど、あまりの人気に、主役そっちのけで劇場公開までされたんやって!?

そんな懐かしのヒーローをものをリメイクしたこの作品、全編3Dカメラで撮影されたアクションのデキやいかに.....?!

グリーン・ホーネット / The Green Hornet   ★★★☆☆   (2010年)

監督:ミシェル・ゴンドリー

出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ、トム・ウィルキンソン、エドワード・ジェームズ・オルモス、デヴィッド・ハーバー、エドワード・ファーロング

新聞社を経営する父親が急に亡くなり、会社を継ぐことになった息子だったが、そんな彼は厳格な父親に反発し、親の財産で遊び呆けるダメ人間だった。父親の命令により車両の改造をしていた整備士のカトーと組み、街に蔓延る悪を倒し、ヒーローになろうと決意したのだが......ってな、一応ヒーロー・アクションもの?!

ダサダサの適当男が勢いだけでヒーローになり、悪と戦う、そんな“距離感”が妙に心地いい、ちょっと異色のヒーローものやったね(笑)

あえてコメディ俳優のローゲンくんが主役を演じる意味ってのがよく分かる、納得のノリやった。

そんな作品を監督するのがミシェル・ゴンドリーってのは、『エターナル・サンシャイン』の監督と言うと少し意外な感じもするんやけど、でも、この人、監督デビューは、猿男と異常に毛深い女の出てくるコメディやったし、その後の作品もファンタジーを取り入れた内容で、それがこの異色アクションにつながるのも、“なるほど”なんかな?!

そんな監督さんのこだわりは、3D映像の隅々に出てて、エンドロールまで手を抜かないあたりは、遊び心が行きわたってて、なかなかやったなぁって思うんよね。

これである程度ヒットすれば続編も、ってことなんやろうけど、結構“アリ”かもって思ってもうたよ?!“ゆるい”設定にクールなアクション、娯楽としては十分に楽しめる、そんな作品やったね!

« 『ACACIA -アカシア-』 | トップページ | 『犬とあなたの物語 いぬのえいが』 »

映画」カテゴリの記事