« 『倫敦(ロンドン)から来た男』 | トップページ | 『ぼくのエリ 200歳の少女』 »

2011年2月 8日 (火)

『nude』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元AV女優の自伝を映画化したものなんやけど、書いた本人の“みひろ”って、TV東京の深夜番組の「ゴッドタン」の人気コーナーで劇団ひとりと即興ドラマをやってたのを見て、知ったんよね。

なかなかオモロイ演技をする女優さんやって思ってたんやけど、AVの出身やったとは。まぁ、その時の演技を思えば、真剣に女優を目指してたってことなんかなぁとは思うんやけど。

ちなみに、この作品の監督さんは、以前に紹介した『童貞放浪記』って作品の監督さんなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.......?!

nude   ★★★☆☆   (2010年)

監督:小沼雄一

出演:渡辺奈緒子、佐津川愛美、光石 研、山本浩司、永山たかし、みひろ

高校を卒業して空港職員として上京することになった女の子が、憧れの芸能人になるために、グラビアからAV女優になるまでを描いた自伝小説の映画化もの?!

親友とも縁を切られ、一緒に東京に来た恋人とも別れる、それでも手にしたかったもの.....芸能界ってのは、それほど魅力的な世界なんかなぁ。

自分のすべてをカメラの前でさらけ出す、そんな勇気は自分にはないだけに、まぁ、ある意味、すごいとは思うんやけどね。でも、名前を売るために、これしかなかったってのは、正直、ちょっと安直かなぁとは思うんやけど......。

作品としては、そんな彼女の苦悩と決断をドラマチックに描くってことで、それなりの盛り上がりはあったかな。主演の渡辺くんも、体張って頑張ってたしね。

ただ、ちょっと“デキすぎ”た流れは、かえって観ててシラケてもうたかなぁ。それと気持ちは分かるんやけど、本人の出演は逆効果やったように思う。

まぁ、晴れてNHKの大河ドラマにも出演できたみたいやし、後悔せんように頑張って欲しいもんやね。

どうでもエエことなんやけど、個人的には、佐津川くんのスナック菓子の食べ過ぎによる横方向への拡がりが、とっても心配になった作品やったかなぁ.....(笑)

« 『倫敦(ロンドン)から来た男』 | トップページ | 『ぼくのエリ 200歳の少女』 »

映画」カテゴリの記事