« 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 | トップページ | 『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』 »

2011年2月 5日 (土)

『RED/レッド』

今日は公開中の作品の中からアクション・コメディをひとつ、ご紹介♪

タイトルのREDは、Retired Extreamly Dangerous の略で、直訳すれば“引退したごっつい危険な奴”ってことなんかな。そんなタイトルのおかげもあってか、初日の映画館には、すでに引退してるとおぼしきオッチャンたちが、ギョーさん観に来てた(笑)

この作品、何げにゴールデン・グローブ賞のコメディ部門でノミネートされてたらしい。まぁ、顔ぶれが贅沢やからね!?

もちろん、こちらはハゲに吸い寄せられて観に行ったんやけど!(笑)

RED/レッド / Red   ★★★☆☆   (2010年)

監督:ロベルト・シュヴェンケ

出演:ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、カール・アーバン、メアリー=ルイーズ・パーカー、ブライアン・コックス、ジュリアン・マクマホン、リチャード・ドレイファス

かつてのCIAの敏腕エージェントも、引退した今は、年金の電話相談窓口の女性との他愛もない会話が唯一の楽しみという日々を送っていた。そんな時、突然、自宅で武装集団に襲撃された彼は、同じように引退したかつての仲間と共に、狙われた原因を探るのだが......ってなアクション・コメディ?!

いやぁ~、見事な“ハゲ”の活躍ぶりやったねぇ♪きれいに剃り上げたブルースくんだけやなくて、マルコヴィッチくんも加わった“Wハゲキャスト”、冴えてるわぁ.....(笑)

なんて“ハゲ目線”を釘付けにしたっていう、どうでもエエ話は置いといて、肝心の作品の感想はというと、年寄り集団が現役相手に派手なアクションをかましつつ事件の裏側に潜む陰謀を探り、スカッと解決するってなことで、単純なストーリーのなかでキャラの個性を活かしつつ、観る側を楽しませてくれるんよね。

まぁ、正直、話の筋なんてのはどうでもよくて、いかにキャラ立ちしてるかってことがポイントってとこかな。そういう意味で、豪華なベテラン陣はそれぞれの持ち味を出して、楽しんでる風やったね。

あまりアクションのイメージもなく、かつてエリザベス女王を演じてアカデミー賞を獲得したヘレンおばちゃんが、“嬉々としてマシンガンをブチかます絵”ってのは、かなりレアなんと違うかな?!(笑)

そんなこんなで、作品の勢いとしては十分で、絶賛するほどの内容の映画ではないものの、能天気に楽しめるという点で、期待を裏切らない質の作品やったと思うね。

« 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 | トップページ | 『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』 »

映画」カテゴリの記事