« いざ、ナルニアへ♪ ② 『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』 | トップページ | 『わさお』 »

2011年3月10日 (木)

いざ、ナルニアへ♪ ③ 『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』

というわけで、最後に最新作の3作目をね?!

シリーズ初の3Dで、ってことで鼻息荒かったみたいやけど.....。2作目が少しコケ気味やったせいか、今回は監督も交代して、心機一転ってことなんかもなぁ?!

ちなみに、新たなキャラとして登場したのが、ちょっと前に『リトル・ランボーズ』って作品で注目されたウィル・ポールターくんなんよね。

さて、そんな最新作の感想は......?!

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 / The Chronicles Of Narnia: The Voyage Of The Dawn Treader   ★★★☆☆   (2010年)

監督:マイケル・アプテッド

出演:ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィル・ポールター、ベン・バーンズ、ティルダ・スウィントン、ローラ・ブレント、ゲイリー・スウィート、テリー・ノリス、アナ・ポップルウェル、ウィリアム・モーズリー、(声の出演)リーアム・ニーソン、サイモン・ペッグ

両親とアメリカに行った4人兄弟の上ふたりと別れ、親戚の家に預けられた下の兄妹は、ある日、部屋にかかっていた絵に吸い込まれ、居合わせたいとこの少年と一緒にナルニアの海へ.....ってなアドベンチャー作品のシリーズ第3弾!?

今回の旅の目的は、前作で登場のカスピアン王と一緒に、行方不明となった7人の貴族を探し出すってね?!前2作と比べて、大幅に上映時間をカットしたせいなのか、導入部分がかなり唐突やった(苦笑)

「いきなりかよぉ.....」って、ちょっと戸惑いながら始まったものの、冒険の旅自体は、なかなか楽しめる仕上がりやったかな?!

ハリー・ポッターと同様に、子役のキャストがうまく成長してるあたりも、作品のイメージを壊さないという点でよかったね。それぞれに子供から大人になる年頃で、自尊心が芽生え、同時に思春期の悩みなんかもあったりして、人物の描写としてはよくできてると思う。

まぁ、そうは言いつつも子供を対象とする作品だけに、“分かりやすく”が演出として“安易”に感じてまうところが、物足りなさなんやけど(苦笑)

それでも、冒険を通じてまたひとつ子供たちが成長し、逞しくなっていくってな所は、この話の良さなんよなぁ。

でもって、現実の世界と空想の世界を行き来することで、必然的に訪れる出会い(再会)と別れ、そこに胸にぐっとくるものがあったりしてね!?

どうでもエエことなんやけど、個人的なツボとしては、声の出演であのイギリスを代表する(?)“クセモノ俳優”のサイモン・ペッグが出てたところかな(笑)

« いざ、ナルニアへ♪ ② 『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』 | トップページ | 『わさお』 »

映画」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事