« 『川の底からこんにちは』 | トップページ | 『THE GAME 12』 »

2011年3月 9日 (水)

『サブリミナル』

2週間前の水曜が“イタリア・デー”で先週が“フランス・デー”ということで......今週は“イギリス・デー”で行ってみようかぁ!?

えっ、理由?う~ん、なんとなく....。

なんて3週続けてグタグタな前フリに、冷たい視線を感じつつ、今日はマイナーなイギリス映画をふたつ、ご紹介♪

まずは、イギリスの若手注目株のサム・ライリーくんと、美しいエヴァ・グリーンの魅力が出てる、ちょっとミステリアスなお話から?!

サブリミナル / Franklyn   ★★★☆☆   (2008年)

監督:ジェラルド・マクモロー

出演:ライアン・フィリップ、エヴァ・グリーン、サム・ライリー、バーナード・ヒル、リチャード・コイル、ジェームズ・フォークナー

ロンドンにいる、それぞれに悩みを抱える3人の男女、そしてまったく別の、宗教に支配された世界にいるひとりの男、異なるふたつの世界の物語が同時に進行し、やがて交錯するってなサスペンス?!

式を目前に控え、突然に彼女にフラれた男、母親と折り合えず、自殺を繰り返す女、病院から逃げ出した息子を探す父親、そんな見ず知らずの3人のいる世界と、大切な人を殺した仇を討つことことに執念を燃やす“男”のいる世界、設定の異なるものを組み合わせながら展開する話は、ちょっと独創的で、不思議な雰囲気なんよね。

前半は、まったく異質な話が同時進行するために、分けわからんなぁって思ったんやけど、これ、なかなか惹きつけるものがあるんよね。

徐々にクロス・オーバーしながら話がかみ合いだすと、あとはグイグイと引き込まれて、もう最後は夢中になってたりして.....(笑)

現実世界の人生と、ちょっとダークな精神世界が交わるときに、それぞれの“運命”が動き出すってかな?!

未公開映画でもちろん話題にもならんようなB級作品なんやろうけど、何の情報もなく観ると、かなり楽しめたりして!(笑)

どうやら『インセプション』を意識して付けられたらしい、中途半端な邦題のおかげで、レンタル屋で手に取られることも少ないとは思うんやけど、これ、ちょっと掘り出しモノかもね?!

« 『川の底からこんにちは』 | トップページ | 『THE GAME 12』 »

映画」カテゴリの記事