« 『英国王のスピーチ』 | トップページ | 『マルチ・サーカズム』 »

2011年3月 6日 (日)

『シングルマン』

今日は、コリン・ファースのアカデミー賞主演男優賞受賞を祝って(?)、オマケでもうひとつ彼の主演作をご紹介♪

コリンくん、実はこの作品で昨年もアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされてたんよね。2年続けての質の高い演技が評価されて、今回の受賞につながったんかもしれんね。

舞台出身の役者が多いイギリスの俳優さんらしく、彼も地味ながら味のある演技をするタイプやと思うんよ。まぁ、『ブリジット・ジョーンズの日記』のように、ビミョーなセーター着て、おどけてみせる茶目っ気もあったりするんやけど?!(笑)

そんな彼が映画デビュー作以来(?)の同性愛者を演じるこの作品、監督はファッション・デザイナーとして有名なトム・フォードなんよね.....って偉そうに言ってみたところで、ファッションに疎いもんで、実はまったく知らんかったりして.....(苦笑)

グッチのデザイナーなんかをしてたらしく、そんな人が長年の夢やった映画界に殴り込みってことらしい。

というわけで、そんな作品の感想は......?!

シングルマン / A Single Man   ★★★☆☆   (2009年)

監督:トム・フォード

出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、マシュー・グード、ニコラス・ホルト、ジョン・コルタハレナ

16年間もの間、共に暮らしていた“パートナー”を突然の交通事故で亡くし、それ以来、虚しい日々に苦しみながら生きてきた男の最後の一日を描いたドラマ?!

心にポッかりと空いた穴を埋めることができず、消えることのない悲しみにただ耐える毎日、そんな人生に終わりを告げようと決意した大学教授のノスタルジックでちょっと刺激的な一日を描くってね。

この作品、出だしから印象的な映像で始まり、ゆったりとしたリズムで展開していくんよね。微妙に色合いに変化を与えたりしながら、繊細で鮮やかな映像で話を彩っていくんあたり、デザイナー出身の監督だけに、細やかなこだわりとセンスを感じさせてくれるかな?!

そんな映像的な印象ばかりやなく、セリフのやり取りにも、若い学生と教授の対話という形式をとりながら、なかなか深みが出てるんよね。

そんな薀蓄のあるセリフが、インテリな雰囲気でかつ、内に感情を秘めた主人公を体現するコリンくんの口から出てくると、じっくりと心に染み入るような感じなんよなぁ。

同性愛を題材にしながらも、人生の意味を考えさせるドラマは、なかなか侮れんデキ映えやったね!?

« 『英国王のスピーチ』 | トップページ | 『マルチ・サーカズム』 »

映画」カテゴリの記事