« 『ハナミズキ』 | トップページ | 『マイ・ブラザー』 »

2011年3月19日 (土)

『華麗なるアリバイ』

いつもは、週末は1週間遅れで新作の感想を書いてるんやけど、東北地方の地震があって、関東でも毎日のように余震やら停電やらで、とても映画館に行ける気分やないんで、しばらくは新作の感想はなしということで。

ホンマはしばらくブログの更新をやめようかとも思ったんやけど、こんな所でも毎日何十人かの人が検索して見に来てくれてるんで、もう少し頑張ってみようかなぁって......。

岩手や福島の人で、たまにアクセスしてくれてた人たちが、ケガなく無事でいてくれることを祈りつつ、また、みんなが映画を楽しめるような日々が来ることを願いながら、挫けずに前を向いてね!?

というわけで、今日はフランス映画をご紹介♪

華麗なるアリバイ / Le Grand Alibi   ★★★☆☆   (2007年)

監督:パスカル・ボニゼール

出演:ミュウ=ミュウ、ランベール・ウィルソン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ピエール・アルディティ、アンヌ・コルシニ、マチュー・ドゥミ、カテリーナ・ムリーノ、モーリス・ベニシュー、エマニュエル・リヴァ、セリーヌ・サレット、アガト・ボニゼール、ダニー・ブリヤン

郊外にある議員の邸宅に集まった親族や友人たち。ゲストのひとりである精神科医の周りには、妻と愛人、そしてかつての恋人が.....ってな、アガサ・クリスティの原作を映画化した作品?!

ひとりの色男をめぐる、ちょっと複雑な人間関係、そんでもって、そんな中で引き起こされたある殺人事件、それぞれに動機をもった登場人物のなかで、犯人はいったい誰なのか.....ってね。

さすがアガサ・クリスティだけあって、よく練られた話やったかな。

少し抑え気味の演出は、途中、ちょっとインパクトに欠けるようにも思ったんやけど、最後にかけては適度な犯人捜しと謎解きで、うまい具合に盛り上げてたんよね。

愛情と裏返しの憎悪、いやぁ、女心を弄ぶとロクなことにはならんてなぁ.......というところで、男にとって教訓となる、深~い話でんなぁ?!(笑)

« 『ハナミズキ』 | トップページ | 『マイ・ブラザー』 »

映画」カテゴリの記事