« 『白昼夢に抱かれる女』 | トップページ | 『FLOWERS フラワーズ』 »

2011年3月31日 (木)

『15歳のダイアリー』

今日は未公開作品をひとつ、ご紹介♪

この作品はオーストラリアで作られたものなんやけど、本国ではいくつか映画賞を受賞した話題作やったらしい。

なんといっても、『アバター』や『ターミネーター4』で注目された若手俳優のサム・ワーシントンが出演してるってところが注目なんかもなぁ。まぁ、個人的にはアビー・コーニッシュの方が気になるんやけどね(笑)

というわけで、そんな若手俳優が共演した作品の感想は......?!

15歳のダイアリー / Somersault   ★★★☆☆   (2004年)

監督:ケイト・ショートランド

出演:アビー・コーニッシュ、サム・ワーシントン、リネット・カラン、エリック・トムソン、ナサニエル・ディーン、ホリー・アンドリュー、リア・パーセル

母親の恋人とキスしている所を母親に見られ、家に居づらくなって飛び出した少女は、数少ないツテを頼りにスキー・リゾートにやってきたのだが......ってな、10代の女の子の家出物語?!

見ず知らずの土地で泊まるところもなく、お金も十分にないため、バーで男に色目を使い、誘う.......そんな危うい日々を送る彼女は、ひとりの若者と出会い、恋をするってな具合に、大人と子供の狭間で、傷つきやすい女の子のピュアで繊細な恋の話ってなことなんかな。

女性監督らしく、主人公の女の子を捉えた映像は、なかなか印象的やったかな。恋愛をベースにしながらも、行った先で様々な人と出会い、いろいろと経験をしながら、少し大人の階段を上るってなことも話としてはポイントなんやろうけどねぇ。

ただ、主人公の行動があまりにも安直で、若さゆえの愚かさで済ませていいのか、どうにも感情移入ができんですよ。まぁ、そんな女の子を演じるアビーくんの大胆な演技は、確かに男心をくすぐるんやろうけどね(苦笑)

原題は、きっと“人生の転換点”という意味なんやと思うんやけど、作品のなかで年齢の話は出てこんし、ましてや日記.......この邦題、なんかなぁ.....??

« 『白昼夢に抱かれる女』 | トップページ | 『FLOWERS フラワーズ』 »

映画」カテゴリの記事