« 『サブリミナル』 | トップページ | いざ、ナルニアへ♪ ① 『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』 »

2011年3月 9日 (水)

『THE GAME 12』

本日のもうひとつの作品も、未公開作品ってことで、こちらは出演者もほとんど知られてない面々で、とってもマイナーな感じかな(笑)

ただ、侮るなかれで、意外と楽しめたりしてね!

それにしても、こっちの作品も、なんや原題とはまったく無関係の意味不明な邦題が付いてるんよなぁ。“12”ってのは12時間っていうところから来てるんやろうけど、よう分からんよなぁ......(苦笑)

まぁ、そんなボヤキはよしとして、肝心の作品の感想は......?!

THE GAME 12 / New Town Killers   ★★★☆☆   (2008年)

監督:リチャード・ジョブソン

出演:ダグレイ・スコット、アラステア・メッケンジー、ジェームズ・アンソニー・ピアソン、リズ・ホワイト、チャールズ・ムネネ

妹が闇金で借金を作り、返済する代わりに運び屋にやるように強要されているのを知った兄、そんな時に、彼の元に謎の男たちが現れ、12時間逃げ切ったら金をやるとゲームを持ちかけられ、妹のために参加することにしたのだが.....ってな、サスペンス・アクション?!

金のために仕方なく参加した“ゲーム”は、生きるか死ぬかのサバイバルやった....ってな話で、ハンターから逃げ切れたら賞金を、なんて、どっかのTVのバラエティでやってるような内容の話なんやけど、それを命を懸けてやるんよね。

迫りくる追ってから必死に逃げるノン・ストップな展開は、なかなか勢いがあって、夢中になってもうたね。

この作品、そんな小気味よさは抜群なんやけど、いかにも低予算のインデペンデントな作品らしく、話のツメがちょっと甘いんよなぁ。

せっかくの盛り上がりも、最後はイマイチ処理しきれんかった感があって、ちょっともったいなかったね?!

« 『サブリミナル』 | トップページ | いざ、ナルニアへ♪ ① 『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』 »

映画」カテゴリの記事