« 『あのバスを止めろ』 | トップページ | 『わたしの可愛い人-シェリ』 »

2011年4月 5日 (火)

『ロストクライム -閃光-』

いやぁ~すごいよねぇ。今日の作品のパッケージに、デカデカと“三億円事件 解決!”って書いてあったんよ。コーテーションマーク“!”が付く以上は、迷宮入りした事件がさぞや見事に解明されるんやろうって思ったんやけどねぇ.......?!(苦笑)

というわけで、今日はそんな“センセーショナル”な宣伝文句で話題になった(?)邦画をひとつ、ご紹介♪

ロストクライム -閃光-   ★★☆☆☆   (2010年)

監督:伊藤俊也

出演:渡辺 大、奥田瑛二、川村ゆきえ、武田真治、夏八木 勲、原田芳雄、宅麻 伸、かたせ梨乃、奥村知史、中村映里子、菅田 俊、熊谷まみ、烏丸せつこ、中田喜子

隅田川で上がった他殺体、捜査に参加していたベテラン刑事は、被害者の身元から、あの三億円事件との関連に気づくのだが.....ってな、犯罪史に残る未解決事件の謎に迫ったサスペンスってか?!

いやねぇ、まるで特撮ものかと思わせるオープニング・タイトルを見た瞬間に、イヤ~な予感がしたんやけどねぇ......(苦笑)

始まって20分もした時点でオイオイって突っ込みつつ、さらに10分もすれば“なんじゃこりゃ~?!”ってな作品やった.....ってどんなんやねんて!?(笑)

事件の容疑者やった人が白バイ警官の息子やったってところから、話が広がっていくんやけど、この作品、作りが実に安っぽい。調子はずれな音楽の使い方もどうかと思うんやけど、ドラマの展開の仕方がお粗末なんよね。

それに合わせてか知らんけど、役者のみなさんの大げさで空回りの演技に、どうしようもない演出、もうビックリのグッタリやったよ(苦笑)

最後には、今どきの映画では見たこともない“完”の文字で締めて、呆れて爆笑してもうた。よくもまぁ、こんな作品を発表できたもんやよなぁ.....。

まぁ、逆に言うと、その度胸にある種の感動を覚えてもうたんやけどね!?(笑)

« 『あのバスを止めろ』 | トップページ | 『わたしの可愛い人-シェリ』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事