« 追悼!シドニー・ルメット ① 『オリエント急行殺人事件』 | トップページ | 『国家の密謀』 »

2011年4月17日 (日)

追悼!シドニー・ルメット ② 『デストラップ 死の罠』

もうひとつは80年代のルメット作品をご紹介♪

ルメット監督といえば、どちらかというと“社会派”のイメージが強いんやけど、一方で『オリエント急行殺人事件』のように、娯楽作品でもいい作品があるんよね。

根本の部分で人物描写のうまさがあって、社会派といわれる作品でそれがよく生きてたから、そんなイメージが強いんかもなぁ。

というわけで、次の作品も娯楽系....かな?!

デストラップ 死の罠 / Death Trap   ★★★☆☆   (1982年)

監督:シドニー・ルメット

出演:マイケル・ケイン、クリストファー・リーヴ、ダイアン・キャノン、アイリーン・ワース、ヘンリー・ジョーンズ、ジョー・シルヴァー

かつての栄光は跡形もなく、完全にスランプに陥って悩む劇作家、そんな彼の手元に、かつて彼の講義を聴いた青年から脚本が送られてくる。そのデキがすばらしく、男は作品を横取りしようと計画するのだが.....ってな、サスペンス・ドラマ?!

もう30年近く前の作品やけど、これ、なかなかオモロかったね。もともとはブロードウェイで上演されてた舞台が元ネタらしいんやけど、話の展開にヒネリがあって、飽きさせないんよなぁ。

主人公の住む家のみを使ってドラマを展開させるあたりは、この監督さんならではの手法かな。背景があまり変わらない作品の場合は、いかに役者の演技と演出で魅せるかってことが、作品の完成度を左右するわけやけど、そこら辺りは“ぬかりなし”やったね。

主役を演じるのは、抜群の演技力のマイケルおじさんで、それにスーパーマンでお馴染みのクリストファーくんが絡み、ふたりの役者が静かに、そして熱いバトル(?)を繰り広げるんよなぁ?!

まぁ、舞台劇の映画化でよく見られる、多少の“やり過ぎ”感はあるんやけど、ほぼワンシチュエーションの中で限られた登場人物だけで組み立てる上で、話にメリハリをつけるためには、アリなんやろうと思う。

なかなかの味わいやったね!?

« 追悼!シドニー・ルメット ① 『オリエント急行殺人事件』 | トップページ | 『国家の密謀』 »

映画」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事