« 『127時間』 | トップページ | 『冒険してもいいコロ!』 »

2011年6月26日 (日)

『奇跡』

今日も公開中の作品のなかから、邦画をひとつご紹介♪

この映画、九州新幹線の全線開通の記念としてJRが持ち込んだ企画を受け、監督の是枝くんがオリジナル脚本を書き上げて作ったんやってね。

主演が松竹芸能イチオシ(?)の子供芸人コンビ“まえだまえだ”ってことで、注目されてるんかもしれんけど、それ以外にも、樹木希林の孫、つまり本木雅弘の娘が出演ってことでも話題やったりして。

まぁ、個人的にはそんな子役がどうしたって話は興味もなく、お気に入り監督の是枝作品ってことで、楽しみに観に行ったんやけど。

そんな作品の感想は......?!

奇跡   ★★★☆☆   (2011年)

監督:是枝裕和

出演:前田航基、前田旺志郎、林 凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、オダギリジョー、夏川結衣、阿部 寛、長澤まさみ、原田芳雄、大塚寧々、樹木希林、橋爪 功

親が別居してしまい、福岡と鹿児島で離れて暮らす兄弟。開通する九州新幹線の上りと下りの一番列車がすれ違う瞬間に“奇跡”が起こり、願いが叶うという噂を聞き、友達と一緒に熊本に行くことを決意するのだが.....ってなお話。

大人の目線で見れば他愛のない話も、子供にとっては真剣なこと、ってなことで、離れ離れになった家族を何とかひとつにしようと頑張るお兄ちゃんと、それに付き合う弟の話をメインに、それに関わる大人たちを描くってか?!

“子役使い”の巧みな是枝くんが子供を主人公にってことで、ちょっと期待してたんやけど.....う~ん、今回はちょっと....(苦笑)

すでに先輩芸人を“バーター”にしてしまうほど関西で人気(?)の“まえだまえだ”の二人は、少しカメラを意識しすぎのようで.....。

素のこどもたちを映し出そうとする是枝くんならではの演出も、今回はスベリぎみで、イマイチ活きてこんかった感じやなぁ。

だいたい、大阪で暮らしてたって設定やとしても、それぞれ故郷に戻った両親が、地元の九州で関西弁をしゃべることに違和感があったりして(苦笑)

そんなボヤキを入れつつも、脇には“是枝組”の役者の面々が勢ぞろいで豪華やし、所々で笑いを取りながら、微笑ましいドラマを展開するあたりは、悪くないんやけどね!?

少し背伸びして冒険をすることで、子供はひとつ大人に近づく、“奇跡”をテーマにした物語は、誰にでもある子供の頃の“瞬間”を切り取った、そんなドラマなんかもね!?

« 『127時間』 | トップページ | 『冒険してもいいコロ!』 »

映画」カテゴリの記事