« デップくんと海賊 ① 『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』 | トップページ | デップくんと海賊 ③ 『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』 »

2011年6月19日 (日)

デップくんと海賊 ② 『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

というわけで、1作目のヒットに気を良くして作られたのが第2弾。しかし、製作段階ですでに3作目が決まってたこともあって、そのデキには、公開当時から賛否両論やったんよねぇ。

すっかりメインに居座った感のあるデップくんのはしゃぎっぷりが目立つ作品の感想は.....?!

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト / Pirates Of The Caribbean:Dead Man's Chest   ★★★☆☆   (2006年)

監督:ゴア・ヴァービンスキー

出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ、ステラン・スカルスガルド、ケヴィン・マクナリー、ジョナサン・プライス、ジャック・ダヴェンポート

大ヒット海賊映画の第2弾!幽霊船の船長によって掛けられた呪いを解くために、ある“宝”を探す海賊船長に、なぜか今回も巻き込まれる鍛冶屋の青年と提督の娘、邪悪な敵を倒すため、あの手この手で大騒動ってね!?

2時間半の長丁場ながら、それを感じさせないテンポで続くアクション、とりあえず前作の勢いはキープってとこかな。

すっかり“はまり役”のデップくんの、とぼけた船長ぶりは、大ヒットに気をよくしたのか、更にパワーアップして、いつもどおりの芸達者ぶりを発揮してたね。

そこに“おてんば”キーラ嬢が一緒になって大暴れして、準主役のはずが今回も線が細いオーランドくんが加わるってなことで、3人のチームワークってのは、かなり完成されてるのかもね?!(苦笑)

十分なエンターテイメントなんやけど、ディズニー製作だけに、今回は前作以上により子供向けの趣なんよなぁ。タコの怪物にグロテスクな悪役、ちょっと引いてもうたよ?!

それと、パート3を意識しまくりのエンディングも、やっぱり中途半端で、観る側からすると少し消化不良かなぁ。まぁ、そこで残った欲求が次につながるってのが戦略なんやろうとは思うけど!?

« デップくんと海賊 ① 『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』 | トップページ | デップくんと海賊 ③ 『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』 »

映画」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事