« 『ジーザス・キャンプ ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~』 | トップページ | 『僕の大切な人と、そのクソガキ』 »

2011年6月12日 (日)

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』

今日は、公開されたばかりの作品をひとつ、ご紹介♪

実はジョニーくんの“海賊コスプレもの”とどっちを観ようか迷ったんやけど、こちらの作品の監督は、前作の『キック・アス』『スターダスト』などで楽しませてくれたマシュー・ヴォーンってことで、決めたんよね。

ちなみに、この監督さんの奥さんて、スーパーモデルのクローディア・シファーなんやってね!すでにふたりの間には3人も子供がいるらしく、公私ともに絶好調な羨ましい男なんよなぁ(笑)

てなわけで、ヒット・ガールは出てこないんやけど、監督さんにとって新たなアメコミ・ヒーローものへの挑戦となった作品の感想は.......?!

X-MEN:ファースト・ジェネレーション / X-Men : First Class   ★★★☆☆   (2011年)

監督:マシュー・ヴォーン

出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、ローズ・バーン、ジャニュアリー・ジョーンズ、オリヴァー・プラット、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、ジェイソン・フレミング、ゾーイ・クラヴィッツ

ご存知、X-MENシリーズで対峙するプロフェッサーXとマグニートー、そんな彼らの若き日の出会いから別れまでを描いたSFアクション?!

米ソの冷戦時代が続くなか、その間で暗躍する謎の男、そして個人的な恨みで彼を追う男と、“理想”を追い続ける若き教授、未来に向けて運命が絡み出す......ってか。

人と違う特殊な能力を持つがゆえの苦悩、それでも共通の敵と戦うために集まった仲間たち、本編の序章としては、うまく話がつながって、悪くなかったかな。

主演のふたりのうち、プロフェッサー役のマカヴォイくんの方が、ネームバリューからしても主役扱いなんやろうけど、本編のパトリックおじさんとはイメージが少しズレてて、多少の違和感があったね。

一方のファスベンダーくんは、マッケランおじさんに通じるものがあって、最近の勢いそのままに、怒りと悲しみを胸に秘めた役を、上手く演じてた。その他では......シリーズの主要キャストである“謎の女”ミスティークは......う~ん、体型がねぇ.....(苦笑)

まぁ、取り立てて感動があるわけでもなく、どちらかというと一本調子なアクション・ドラマという感じやったけど、2時間を超える尺でありながら、長さを感じることもなく、テンポは良かったかな。

てなわけで、絶賛するようなものではないんやけど、シリーズのファンを満足させるだけの内容をともなった、悪くない作品やった?!

« 『ジーザス・キャンプ ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~』 | トップページ | 『僕の大切な人と、そのクソガキ』 »

映画」カテゴリの記事