« 『父と暮せば』 | トップページ | 『スープ・オペラ』 »

2011年7月30日 (土)

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

これだけは見逃すわけにはいかんやろう、ってなことで、あのハリー・ポッターのシリーズ最終作を観てきたんで、今日はそれをご紹介♪

Part1で3D処理が間に合わず、ドタバタの末に2D上映となったこともあり、製作サイドも3Dで更なる盛り上がりをってことやったんやろうけど、残念ながら地元のシネコンは、字幕版は2D上映やったんで、特に何も“飛び出す”ことなく、鑑賞してきたんやけどね!?(笑)

というわけで、興行収入的にもかなりの盛り上がりの話題作の感想は.......?!

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 / Harry Potter And The Deathly Hallows: Part Ⅱ   ★★★★   (2011年)

監督:デヴィッド・イェーツ

出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン、ジョン・ハート、ヘレナ・ボナム=カーター、マギー・スミス、ジュリー・ウォルターズ、ジェイソン・アイザック、ボニー・ライト、ゲイリー・オールドマン、ジム・ブロードベンド、イヴァナ・リンチ、ロビー・コルトレーン

いよいよ大詰めを迎えた宿敵ヴォルデモートとの最終決戦、ロンとハーマイオニーと一緒に戦いのカギとなる“分霊箱”を探しまわるハリーだったが......ってね!?

足かけ10年にわたる作品のフィナーレかぁ、なんて感傷にひたるヒマもなく、物語は一気にハイテンションで進むんよなぁ。でも、あの幼かったハリーが、無精ひげを生やすようになったんやって、ちょっと感慨深かったんやけど(笑)

今回もファンタジーの世界にアクションあり、アドベンチャーあり、そんでもって友情やら愛情やらといろいろ詰め込みながら、すべての謎を明らかにしつつ、終局へと突き進む流れは、見事やった。

毎度のことながら、原作のすべてを限られた時間のなかで再現するのは不可能なわけで、惜しい気持ちもあるんやけど、でも、ひとつの映画としてこれだけのクオリティを維持できたのは、成功やったんやと思う。

児童小説の枠を出て、幅広い年代が楽しめる作品になったってのは、なかなか大したことなんと違うかな。それを可能にしたのは、主要キャストがシリーズを通して、それぞれ魅力的に成長し、最後まで演じきったことと、地味でもイギリスの上手い俳優を中心にキャスティングしたことで、安っぽくハリウッドナイズされた雰囲気に陥らんかったってことやろね。

なんや、この作品の感想というよりも、シリーズのまとめみたいなコメントになってもうたけど、ああだこうだと言いながら、10年間ずっと観てくると、そんな心情になってまうんよね。

そんな作品への感謝の気持ちもこめて、4つってことで!?(笑)

« 『父と暮せば』 | トップページ | 『スープ・オペラ』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事