« 『イップ・マン 序章』 | トップページ | 『Ricky リッキー』 »

2011年7月 9日 (土)

『イップ・マン 葉問』

というわけで、日本軍の空手野郎の次は、イギリスのボクシング野郎ってことで、カンフー・アクションの続編をご紹介♪

このシリーズ、アクション監督を務めてるのは、あのサモ・ハン・キンポーなんよねぇ.....って言っても、最近のひとは彼のこと知らんかなぁ?!『燃えよドラゴン』でブルース・リーと共演し、その後、“燃えよデブゴン”として人気を博した、香港映画界ではエライひとなんよ。

パツパツの体でありながら、驚くほど身軽なカンフー技に、子供の頃は夢中になったもんよなぁ.....その頃の自分は、とってもスリムやったんやけど....!?(苦笑)

というわけで、そんなアクション監督が重要な役で出演も果たした2作目の感想は.....?!

イップ・マン 葉問 / Ip Man 2   ★★★☆☆   (2010年)

監督:ウィルソン・イップ

出演:ドニー・イェン、サモ・ハン・キンポー、ホァン・シャオミン、リン・ホン、ルイス・ファン、ダーレン・シャラヴィ、ケント・チェン、サイモン・ヤム

香港に移住して道場を開き、貧しいながらも、なんとか生活をしていたイップ・マンだったが、道場を認めてもらうために、香港の武術界の“掟”に従い、他の師範と戦うことに.....ってな、ブルース・リーの師匠となった男の伝記ものパート2!?

50年代の香港での暮らしを再現しながら、家族と共に生きる、誇り高き英雄を描くんよなぁ。

何といっても、さらに悟りの境地を開いたかのような、慈愛の心をもった主人公を体現するドニーくんが渋いんよ。地味めな佇まいのなかに秘めた熱い心、たまらなくクールなんよなぁ!?

それに加えて、今回はサモハンくんのカンフーを久々に映像で観れて、なんや必要以上にワクワクしてもうたしね(笑)

ワイヤーを使った派手なアクションに心躍らせながら、どこか中国版ロッキーのような展開に、忘れずにオイオイとツッコミを入れつつ、思わず一緒に手が動いてまうような、そんな作品やった!?(笑)

民族の誇りのため、仲間のため、そして家族のため、強敵と戦う男の姿には、この夏の暑さを吹き飛ばすパワーがあるってか。アクションで魅了しながらも、それだけでは終わらない、なかなか楽しめる作品やったね!?

« 『イップ・マン 序章』 | トップページ | 『Ricky リッキー』 »

映画」カテゴリの記事