« 『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』 | トップページ | 『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~』 »

2011年7月 7日 (木)

『ドゥーニャとデイジー』

今日はオランダの青春映画をひとつ、ご紹介♪

いやぁ、一日一作品をノルマに、かれこれ2年ちょっとブログを書いてるわけやけど、正直、こんなマイナーな作品にアクセスする人はそうおらんやろうって思いながら紹介してるのもあるんよね。

ちょっと前に紹介した『スリナム・アムステルダム 心あずけて』なんてのも、そんな作品のひとつやったんやけど、どういうわけかよくアクセスがあるんよなぁ。

そんでもって、ひょっとしてオランダ映画ブームかぁ??なんて、ちょっと勘違いしてみたついでに、今日の作品をご紹介ってね!?(笑)

ちなみに、この作品はオランダで人気TVドラマやったものを、キャストもそのままに映画化したものらしく、そのせいもあってか、国内の賞を獲ったりして、盛り上がったらしい??

というわけで、そんな作品の感想は.......?!

ドゥーニャとデイジー / Dunya & Desie   ★★★☆☆   (2008年)

監督:ダナ・ネクスタン

出演:マリアム・ハッソーニ、エヴァ・ヴァンダー・ウェイデーヴェン、クリスティン・ヴァン・ストラーレン、テオ・マーセン、ラチダ・イアッララ、マフーブ・ベンムーサ、イリアス・オッジャ

自由奔放なオランダ人の女の子とモロッコから移住した厳格なイスラム教徒の家に育った真面目な女の子、まったく性格の違うふたりだが、心許しあう大の親友だった。それぞれに悩みを抱えたふたりは、訳あってモロッコへ。そして、そこでそれぞれの“探し物”を見つけるのだが.....ってな、オランダの青春ドラマ?!

それぞれに人生に迷いながら、旅でいろいろと経験し、“家族”、“人生”について考えるんやねぇ。モロッコの雑然としながらも、どこかエキゾチックな雰囲気がエエ感じやったかな。

そんな異国情緒ただようロケーションの中で、10代後半の女の子の揺れ動く心情が描かれてるんよなぁ。

まぁ、ちょっとありきたりな展開ではあるんやけど、なかなか悪くなかったね!?主演のひとり、マリアム嬢の憂いのある表情が、とっても男心をくすぐるところがナイスやったなぁ.......!!(笑)

« 『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』 | トップページ | 『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~』 »

映画」カテゴリの記事