« 『愛を問うひと』 | トップページ | 『副王家の一族』 »

2011年7月12日 (火)

『君と歩こう』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の石井くんてのは、前におススメした『川の底からこんにちは』を撮ったひとなんよね。あまりにも個性的でインパクトのある作品やったもんやから、それを作った監督さんの新作というだけで、かなり期待してたんよ。

こういう期待ってのは、映画の場合、裏切られることの方が多いもんやけど、いやいや、この監督さん、なかなかの腕前でっせ~!!

というわけで、そんな作品の感想は......?!

君と歩こう   ★★★☆☆   (2009年)

監督:石井裕也

出演:目黒真希、森岡 龍、吉谷彩子、渡部駿太、勝俣幸子、中村無何有、前野朋哉

田舎に暮らす冴えない男子高校生と彼が通う高校の女性教師、そんな二人は駆け落ちをして東京に行くのだが.......ってなコメディ映画?!

いやぁ~、なんやろねぇ。この監督さんの、いい意味での“ズレた感覚”っていうのが、たまらなくツボにはまるんよ(笑)

教師と教え子の駆け落ちという、ありそうで考えられないような設定を、強引に登場人物のキャラで納得させてしまうオープニングは、見事としか言えんよねぇ!?

まぁ、確かにインディーズの香りがプンプンする作りに、ちょっと馴染めないという見方もあるんかもしれんけど、うまく“キャラ立ち”した主演の二人を、巧みに演出するあたり、この監督さん、なかなか他のひとにはない才能を持ってると思うんよ。

ちょっと狙い過ぎの部分で“クドさ”はあるものの、不器用な恋の逃避行に、見事にはまってもうたかな!?(笑)

監督の奥さんになった女優の満島くんともども、今後が楽しみな逸材かもなぁ......!?

« 『愛を問うひと』 | トップページ | 『副王家の一族』 »

映画」カテゴリの記事