« 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 | トップページ | 『チェイシング/追跡』 »

2011年7月31日 (日)

『スープ・オペラ』

今日は、邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作は阿川佐和子さんの小説なんやってね。まぁ、毎度のことながら、読んでないんで、原作のことはよう分からんのやけど.....(苦笑)

何となくスープがテーマの、ほのぼの系のドラマかなぁなんて思いながら観てたんやけど、塩見くんや嶋田くんとかが妙な役で出てて、なんや豪華な脇役の使い方してるんよね。まぁ、そこらへんで“スパイス”を効かせたかったんかもしれんけど.......。

てなことで、そんな作品の“お味”は.......?!

スープ・オペラ   ★★★☆☆   (2010年)

監督:瀧本智行

出演:坂井真紀、西島隆弘、藤 竜也、加賀まりこ、萩原聖人、平泉 成、鈴木砂羽、田山涼成、塩見三省、余 貴美子、嶋田久作

物心ついた頃から一緒に暮らしていた叔母が、突然、若い男との結婚を宣言し、家を出ることに。ひとりぼっちになると思ったら、風変わりな自称画家のオヤジと、いつも笑顔の青年が転がり込んできて、勢いで同居することに......ってなお話?!

素性もよく知らん他人で、世代も違う3人の男女による共同生活、なんや平和やねぇ......。こんな物騒な世の中にあって、あまりにも不用心すぎて、ハラハラしてまうね、なんて?!(苦笑)

ドラマとしては、一緒に食卓を囲み、暮らしていくなかで、色々と騒動がありつつも、ちょっと刺激的で楽しい時間が過ぎていくってことなんやろね。

主演の坂井くんの“ふわり”とした雰囲気と、藤オジサンの飄々とした役どころが、なかなかのマッチングで良かったかなぁ。

軽い流れのなかで、ちょっと家族ドラマや恋愛ドラマの要素があったりで、悪くはないんやけど、ただ、作品のインパクトとしては“もうひと息”やったかもね。最後まで行って、“だからどうした?”って思ってまうところが、物足りなさなんかも。

というわけで、このスープ、マズくはないんやけど、ちょっと塩の足りない“薄味”やったようで......!?(笑)

« 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 | トップページ | 『チェイシング/追跡』 »

映画」カテゴリの記事