« 『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』 | トップページ | 『マイティ・ソー』 »

2011年7月22日 (金)

『7月24日通りのクリスマス』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

タイトルが“7月24日”で近いし、主演がちょっと前までテレビで熱いドラマを見せてくれてたおふたりで“ありんすかぁ~”ってことで、何も考えずにレンタル屋で手にした作品なんよね(笑)

結局、季節的には“しくじった”感のあるのは否めないんやけど、そんな作品の感想は.......?!

7月24日通りのクリスマス   ★★★☆☆   (2006年)

監督:村上正典

出演:大沢たかお、中谷美紀、佐藤隆太、阿部 力、上野樹里、劇団ひとり、小日向文世、YOU、沢村一樹

地味で冴えない容姿のために恋を諦めていた主人公は、ある日、学生時代からの憧れの先輩と再会し、デートに誘われたことで舞い上がるのだが.....ってな、コメディタッチの恋愛ドラマ?!

頭の中の空想の世界に身を置くことで、現実から逃避する.......なんや、そんな所に共感してもうたなぁ.....なんて(笑)

まぁ、どんなにイケてない格好をしても、主役の中谷くんのベースを考えれば、モテないなんてことは現実的やないんやけど、そんなキャラを嫌味なく演じるあたりが、なかなか上手いもんやなぁって思うんよね。

全体的にほどよいコメディ加減と、リズボンと長崎の“美しいコラボレーション”もあってか、派手さはないものの、ちょっぴりファンタジーを感じさせつつ、悪くない恋愛ドラマが展開してたかな?!

クリスマス映画だけに、真夏に見るよりもシーズン前の方が盛り上がりそうやけど、気軽に楽しめるという点で、これもアリかなぁって思うんやけどね!?

それにしても“モテ期”かぁ........もうないよなぁ........そんな現実に、ハゲオヤジはちょっと焦ってもうたりして.....(苦笑)

« 『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』 | トップページ | 『マイティ・ソー』 »

映画」カテゴリの記事