« 『悪魔を見た』 | トップページ | 『メカニック』 »

2011年8月26日 (金)

『うさぎドロップ』

今日は、公開されたばかりの邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作は人気のコミックらしく、TVでもアニメが放映されてるんやってね。そんな作品には、今、最も数字を持ってる“女優”とさえ言われてる(?)子役の芦田愛菜ちゃんが出てるんよね。

ちょっと前にブレイクした大橋のぞみとの子役の勢力争いは、一体どないなるんよって、どうでもエエことを気にしながら、何となくスケジュールが合ったんで、初日に鑑賞してみたってわけ。

それにしても、松山くんの個人的なイメージがそうさせるのか、この作品の宣伝を目にするたびにタイトルが“うなぎドロップ”って読めてもうてなぁ.....夜のお菓子“うなぎパイ”に続く新展開、“うなぎドロップ”.......どない??(苦笑)

というわけで、とりあえず作品の感想は........?!

うさぎドロップ   ★★★☆☆   (2011年)

監督:SABU

出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、佐藤瑠生亮、秋野太作、根岸季衣、斎藤洋介、池脇千鶴、高畑淳子、風吹ジュン、中村梅雀、綾野 剛

亡くなった祖父の隠し子である6歳の女の子を、行きがかり上、引き受けることになった青年の奮闘を描くコメディ・ドラマ?!

いきなり始まる見知らぬ子供との共同生活、戸惑いと苦労の連続のなかで、ふたりの“絆”は強まっていく......ってか。

あの“イケメン”俳優の松山ケンイチが“イクメン(育児する男)”に.....なんてベタな声が聞こえてきそうやけど、そんな若手売れっ子俳優と“数字を持ってる子役”で一儲けって鼻息が伝わってくるような作品やったね(苦笑)

そんな製作サイドの“期待”を背負った(?)松山くんなわけやけど、相変わらずの変わり映えしない演技に、お前も成長せんやつやなぁ.....って、思わずツッコんでもうたよ(笑)

原作は知らんので、一部でニッセンを引き連れた香里奈がミスキャストなんてことが言われても、よう分からんのやけど、ただ、“彼女がキャスティングされる程度”の作品であることは間違いないんよね。

“その程度”の作品は、やっぱり“その程度”の監督さんが作るわけで、無理やり大騒ぎして盛り上げようっていう演出は、いかにもこの監督さんらしい、安直さが出てて、“オイオイ”ってツッコミながら、思わず苦笑してもうたよ。

ところで、子育ての経験のない独り身のオヤジにはよう分からんのやけど、6歳って小学生なんと違うの??

« 『悪魔を見た』 | トップページ | 『メカニック』 »

映画」カテゴリの記事