« 『トロッコ』 | トップページ | 『大鹿村騒動記』 »

2011年8月 6日 (土)

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

今日は、公開中の作品の中からひとつ、ご紹介♪

今回もスピルバーグの秘蔵っ子のシャイア・ラブーフくんを主演に、脇にタートゥーロくんやイケメン俳優で話題になったこともあるデンプシーくん、マクドーマンドおばちゃんに、極めつけはマルコヴィチまで出演ってことで、3D化以外にも、お金を使ってバージョンアップってとこなんかな?!

先に公開されたアメリカでも、なかなかの好成績みたいやし、夏シーズンの大作映画ってことで、暑さを忘れて楽しむにはエエかもね。

ってことで、そんな作品の感想は.......?!

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン / Transformers: Dark Of The Moon   ★★★☆☆   (2011年)

監督:マイケル・ベイ

出演:シャイア・ラブーフ、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タートゥーロ、タイリース・ギブソン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、パトリック・デンプシー、フランシス・マクドーマンド、ケヴィン・ダン、ジョン・マルコヴィッチ、ジュリー・ホワイト、ピーター・カレン、ヒューゴ・ウィーヴィング、レナード・ニモイ

地球征服を企む悪の軍団に対し、正義のロボットと人間たちが力を合わせて戦うってな、SFアクション・シリーズの第3弾!?

今回の話のテーマは、ずばり“就活”ってことで、そこに鬼面接官としてマルコヴィッチが出てきて、鋭いニラミを利かせ......って、どんなアクション映画やねんて?!(笑)

まぁ、アポロ計画だの、月の裏側だのって、一応ストーリーにはスケール感のある(?)ネタが含まれてるんやけど、この映画に話の内容を求めてるひとなんて、きっとおらんでしょ?!

特に今回は、シリーズ初の3D仕様ってことで、専用カメラを存分に使った気合いの入りようで、どんだけ迫力のある映像を見せてくれるかが注目なわけで、そういう観点でいくと、なるほど製作陣の鼻息の荒さが聞こえてくるくらい、映像的に凝ってたかな。まぁ、本編の前のペプシのCMでの“飛び出し具合”には敵わないまでも、それなりに納得できるビジュアルやった(笑)

なんたって、話の半分くらいはアクションなわけで、とりわけ最後にかけての怒涛のバトルは、時間を忘れて見入ってもうたよね。そんな迫力に、役者の演技の稚拙さや、しょうもない笑いとか、グタグタな恋愛ドラマがまったく印象に残らないっていうわけやから、これはこれで成功ってことなんやろう。要は、話の内容なんてどうでもエエってことになるんよね!?(笑)

それにしても、ゴールデンラズベリーを席巻してきた前作までのヒロインのミーガン・フォックスもかなり微妙やったけど、今回のヒロインはさらにその上をいくビミョーさ加減やった。ヒロインに魅力がないってのは、このシリーズのルールなんかね?!あと、邦題のカタカナ、微妙に原題と違うけど、読み間違えたの??(苦笑)

« 『トロッコ』 | トップページ | 『大鹿村騒動記』 »

映画」カテゴリの記事