« 『秘密 THE SECRET』 | トップページ | 『地下鉄(メトロ)に乗って』 »

2011年9月 1日 (木)

『コリン LOVE OF THE DEAD』

夏も終わりに近づき、少しは涼しくなってきたけど、そんな時に更に涼しくなるため(?)に、今日はゾンビ映画をひとつ、ご紹介ってね♪(笑)

この作品、出演者もスタッフもボランティアで、総製作費が1万円以下ってなことで、話題になってたんよなぁ。イギリスの映画でゾンビものといえば、『ショーン・オブ・ザ・デッド』なんて“お茶目”なゾンビ・コメディもあったりで、どうやらあの国にも相当なゾンビ・マニアがいるらしい?!

というわけで、そんな話題(?)の作品の感想は......?!

コリン LOVE OF THE DEAD / Colin   ★★★☆☆   (2008年)

監督:マーク・プライス

出演:アラステア・カートン、デイジー・エイトケンス、リアンヌ・ペイメン、ケイト・オルダマン

ゾンビが増殖するロンドン、腕をかまれてゾンビになった青年は、街の中を徘徊するのだが......ってな、イギリス発のゾンビ・ホラー映画?!

低予算で撮られただけに、さすがに映像にアマチュアならではの荒さがあったり、見づらかったりとあるんやけど、所々で世界で評価されたのが納得できる映像を見せてくれてたかな。

それに、この作品の良さってのは、単にゾンビが大暴れして恐怖をまき散らすってな安直な展開にせずに、ゾンビになったひとりの青年を軸に、ちょっと切ないドラマがあることなんよね。まぁ、かと言って、この邦題に付いてる副題はどうかと思うんやけど.....?!(苦笑)

主人公がゾンビだけに、ほとんどセリフらしいものはなく、ただ唸って歩き回ってるシーンが続くわけで、そういう意味では、ゾンビに興味がないと楽しめんかもしれんけど、マニアの人には新たな才能の登場を確認する価値はあるんかもね?!

というわけで、無償で頑張ったゾンビのみなさん、ご苦労さんでした!(笑)

« 『秘密 THE SECRET』 | トップページ | 『地下鉄(メトロ)に乗って』 »

映画」カテゴリの記事