« 『ハウスメイド』 | トップページ | 『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』 »

2011年9月20日 (火)

『東京残酷警察』

今日は、かなり“取扱い注意”な邦画をひとつ、ご紹介♪

監督の西村くんは、『片腕マシンガール』『ロボゲイシャ』でお馴染み(?)の井口監督のお友だちらしく、また、特殊メイクや造形の分野で有名で、園 子温監督や清水 崇監督の作品でも腕を振るってるんやってね。

というわけで、一応ホラーにカテゴライズされる作品なんやけど、“戦慄の”とか“恐怖の”といった形容詞が付くのとは違い、“エグイ”と“オカシイ(?)”がミックスしたような内容なんで、“要注意”ってことで......。

そんな作品の感想は........?!

東京残酷警察 / Tokyo Gore Police   ★★★☆☆   (2008年)

監督:西村喜廣

出演:しいなえいひ、板尾創路、堀部圭亮、紅井ユキヒデ、坂口 拓、菅田 俊、マメ山田、清水 崇、園 子温

警察が民営化された近未来の東京で、人を襲う、肉体改造された“エンジニア”と呼ばれるミュータントを捕まえる女刑事は、目の前で警官だった父を殺した相手を見つけたのだが........ってな、スプラッター系の........ホラー.......&コメディ??(笑)

ノッケからエゲツない描写で血しぶきが飛び散り、次から次と肉が裂け、手足やら頭が転がる......う~ん、エグっ!?(苦笑)

あの井口監督とお友だち(?)なだけあって、単に怖がらせるホラーっていう路線やなくて、あまりの悪ノリぶりに、思わず笑ってまうところがなんともね!?

そんでもって、繰り返し流れるノリノリの音楽で絶妙なテンポを作り出し、気が付いたら次に何が出てくるか、ちょっと期待してもうたりして(笑)

そうはいっても、出てくる描写は、とことんグロとエロで、下世話で下品、そんでもって“痛い”んよね。

とてもひと様におススメできるようなシロモノやないし、間違っても軽い気持ちで晩飯どきに観たらアカンよ。まぁ........ダイエットの効果はあるかもしれんけど.......なんて!?(笑)

« 『ハウスメイド』 | トップページ | 『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』 »

映画」カテゴリの記事