« 『地下鉄(メトロ)に乗って』 | トップページ | 『日輪の遺産』 »

2011年9月 3日 (土)

『ザ・ライト ―エクソシストの真実―』

今日は、ちょっと怖い系(?)の作品をひとつ、ご紹介♪

“エクソシスト”って聞くと、ホラー映画の名作であるあの映画を思い出すわけやけど、実際にローマ法王の名前で、エクソシストを各教区に置くようになんて指令が出てた.....なんて話をネタに、実話に基づいて作られた作品がこれなんやってね?!

この映画、ちょうど劇場公開が3月の震災の時期にぶつかってて、ちょっと興味があったんやけど、結局、映画館では観れんかったんよ。もともとホラーはあまり得意ではないんやけど、怖いもの見たさってのもあったりして、レンタル開始と同時に、ちょっと試してみたってわけ!?

というわけで、そんな作品の感想は...........。

ザ・ライト ―エクソシストの真実― / The Rite   ★★★☆☆   (2011年)

監督:ミカエル・ハフストローム

出演:アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ、キアラン・ハインズ、トビー・ジョーンズ、ルトガー・ハウアー、マルタ・ガスティーニ、マリア・グラツィア・クチノッタ、アリアンナ・ヴェロネーシ

葬儀社を営む父の跡を継ぐのを拒み、神学校に入った青年は、卒業を前に、バチカンで行われている悪魔祓い(エクソシスト)の養成講座を受けることに。神の存在に疑念を抱く彼は、そこでひとりの神父に出会うのだが......ってな、実際にあった(?)話に基づくサスペンスもの?!

本当に神は存在し、悪魔はいるのか、そんな疑問を持つ男は、己の信念を揺るがす出来事に遭遇し、心に迷いが....てなことで、なかなか雰囲気のある作品やった。

何といってもホプキンスおじさんの気合いがすさまじいんよ。途中から“レスター博士降臨!”ってな感じで、ぶっ飛びの表情は迫力あったね!(笑)

まぁ、そこに張り合うはずの若手の役者が、あまりにも線が細すぎて、おかげで話の方も少し腰くだけになった感じかな。まぁ、キャリアを考えれば比べるのもかわいそうなんやけど.......?!

というわけで、悪魔との対峙により己の信仰心を問う内容は、とっても宗教的で伝わりにくい面もあるんやけど、ホプキンスおじさんの頑張りのおかげで、それなりに楽しめるデキやったかな。

« 『地下鉄(メトロ)に乗って』 | トップページ | 『日輪の遺産』 »

映画」カテゴリの記事