« 『シンパシー・フォー・デリシャス』 | トップページ | 『GANTZ』 »

2011年9月 8日 (木)

『僕が結婚を決めたワケ』

今日は、ちょっとコメディー系の作品をひとつ、ご紹介♪

この映画を監督したロン・ハワードと言えば、ラッセル・クロウと組んだ『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞を受賞した人なんよ。ちょっと前には『フロスト×ニクソン』で、なかなか骨太なドラマを作り上げてたやんね!?

どっちかと言うと、あまりコメディのイメージはない監督さんなんやけど、そんな意外性が逆に興味を引いたりするんやけど。

てなことで、そんな作品の感想は.......?!

僕が結婚を決めたワケ / The Dilemma   ★★★☆☆   (2010年)

監督:ロン・ハワード

出演:ヴィンス・ヴォーン、ケヴィン・ジェームズ、ジェニファー・コネリー、ウィノナ・ライダー、クィーン・ラティファ、チャニング・テイタム、エイミー・モートン、チェルシー・ロス

同棲中の彼女との結婚を決意した男は、プロポーズの下見に行った場所で、理想の夫婦と思っていた親友の妻の浮気現場を目撃してしまい......ってなコメディ映画?!

小さな会社の共同経営者でもある親友に、事実を伝えるべきか、黙っておくべきか、悩んでるうちに恋人との仲もギクシャクして.......なんて悩める男を主演のヴィンスくんがコミカルに、嫌味なく演じてたかな。

どちらかというとシリアスなドラマがメインのジェニファーくんが、この手のドタバタものに出てるのが珍しく、ちょっと新鮮やったかな。実は彼女、ほぼ同年代やったりするんやけど、年相応なキュートさがあって、最近ちょっと女優として気になってるんよね!?(笑)

しかし、この邦題や作品の紹介を読むと、結婚するかどうか迷う男の話、って思ってまうんやけど、メインは親友にその妻の浮気を話すか話さないかっていう“ジレンマ”をオモシロおかしく描いてるんやけどね。売る側は、どうしても恋愛ものに見せかけたかったらしい......(苦笑)

というわけで、“熱い友情”の話(?)は、それなりに上手くまとまってて、絶賛するようなものではないんやけど、悪くはないかもね?!

« 『シンパシー・フォー・デリシャス』 | トップページ | 『GANTZ』 »

映画」カテゴリの記事